THE KEEP CAST ザ キープキャスト

プロズファクトリー

プロズファクトリー

リーズナブルプライス化でバスフィッシングをもっと手軽に!プロズファクトリー

プロズファクトリーはより身近に、手軽に、バスフィッシングを楽しんでいただけるアイテムをリリースしています。リーズナブルな価格設定でありながら、高い品質の製品作りを目指していきます。

2019/09/22
ラバージグで連日釣ってます!

最近の霞ヶ浦なんですが、

新利根川、スノヤワラエリアは、

水が黒くて活性が低く厳しいです。

 

なおかつ連日の放水で減水と

厳しいの状況が続いています。

それ故にスポット的に

いい場所もあるとは思うのですが、

そういったところが発見できないと

全く無・・・です。

 

それでも大会終わってから

ここのところ連続で釣りしてますよ。

ガイドも連日やりましたが、

普通にやっても釣れないんで

ジグストというか、

ホンガリングというか

まあ、自分的には

フラッピングと言う

言い方をしていますが、

ジグを持ち上げて

○○テンションがかかる所を

喰わせ場所とイメージする

釣り方でなんとかしている

感じです。

 

ゲストさんも新たな技を

マスターして釣っていますよ!

なんだか最近は

ジグスト先生って感じです(笑)

釣れるとほぼ40upです。

 

 

 

釣り方そのものは雑っぽいけど、

タナ感など繊細な部分もあるという、

まさにテクニック!な世界です。

 

で、これをやるのにはもう

モーションジグしかない!

今のところこれ以上のジグが

見当たらない。

 

 

なぜならカバーの中で

フットボールジグのアクションが

出せて根がからないからなんです。

 

根がかりを恐れずに

フットボールジグで

どんどんカバーを撃つ!

シークレットにしておけば

って思ったくらいいい感じです!

・・セコいね(笑)

 

 

9月のガイドですが、

9/226、27、29、30

に空があります。

水が増えればスイムジグか

スピナーベイトかな。

減水ならラバージグの

フラッピングをマスターして

行きましょう!

フルサイズのジグを

楽しむなら今ですよ!

ガイドの案内は

こちらからよろしくお願いします。

 

https://kfgbass.net/guide

 

ゆずさんが有り難い記事

書いてくれましたので

是非読んでみてください!

 

 

2019/09/21
O.S.P W.B.S. Tournament Report 2019第5戦(動画)

まあ、

ただ映ってるっていうだけじゃ

しょうがない・・

活躍して映らなきゃですね。

それいしてもこういった動画を

作って頂けるOSPさんに感謝です。

ありがとうございます!

 

 

霞ヶ浦を舞台にバスボートによるアツい戦いを繰り広げているトーナメント、W.B.S.(ワールドバスソサエティ)。この動画ではW.B.S.プロチームトーナメントに参戦しているO.S.Pプロスタッフ橋本卓哉、今井新、松村寛、富村貴明の4名にフィーチャーし、彼らの活躍をお伝えしていきます。

 

 

それとこれ!

10/12-13 

WBS 

JAPAN OPEN 

TOURNAMENT

参加者募集

 

 

2019/09/20
2019年間を終えて思うこと。

レギュラー戦すべてを終えて

僕なりに思うことなんだけど、

釣りを釣れるから楽しいと考えるか、

大会等を通して忘れられない

心の底から喜べる1本を釣りたいか、

つり人の持って生まれた習性というか、

思考というか、ってあると思うから

トーナメントはやっぱり面白いと思った。

 

 

一般には勝負事が好きかどうか?

って話しでもあるけどね。

って言うのは終わって表彰式で

大会中の昼からの時間で

クラシックを決める大事な1本を

帰着ギリギリの時間で釣った

出村さんの話しや

最後に釣った500gクラスの

小さなバスが年間チャンプに

繋がったオダジーの話しなんかを聞くと、

やっぱり最後まで、

本当に最後まで諦めちゃ

ダメって思いました。

 

その小さな一匹が

どれほどの価値があるか?

だから引きが楽しいとかって

感じではないんだよね。

 

自分はW.B.S.で過去2回

年間2位を経験してるけれど

ホント、タラレバなんだよ(笑)

 

抜き上げる途中で口が切れて

目の前で落ちたあの小さなバスがせめて

船の上で落ちてくれたら・・

小さいからって抜き上げたあのバスが・・

それがキャッチ出来ていたら

10年前のオールスタークラシックに

出ていたんだよな・・

いまでもあの一瞬の光景が

目に焼き付いて残ってる。

 

そんな経験を何度かして

それにしても毎度の

この悔しさと言うか

空しさというか・・

 

トーナメントをやる限り

90%はこんな感じだよね(笑)

本当にドMな世界(笑)

まあ、やり切った清々しさ

というのもあるし、

これで開放される・・

みたいな感覚もあるから

それで中和されたりもするけどね。

 

でもまだこの先の人生で

きっとチャンスは来るはず。

でもその数は多くはない。

受験生で言ったら25年浪人・・

そんな感じだよ(笑)

 

どんだけ浪人するんだ!

いくら金かけてんだって!

そのくらい頑張り続けて数年、

いや10年に一回の

年間チャレンジの土俵に乗る事が出来る。

そして今回もそのチャンスを

生かせなかった・・・。

 

本当の実力者は2~3年に一回くらいの

リズムでチャンスが訪れるんだよな。

だから努力してその実力を

身に付ければ良いだけの話し。

 

若い人はこの先ず~っと

チャンスだらけだよ。

羨ましいね!

you 早くアメリカとか行っちゃいな!

 

自分にはもうチャンスが

何回もあるとは思えない、

残されていない、

そう思っているからこそ

今回のこのチャンスをモノにしたかった。

 

でも来年きっとまたチャンスは

巡って来ると信じる。

そしてその時は実力を

少し上げてこれをモノにする!

 

そういうことにしておきますね!

ではまた!

 

久々のオマケ!

 

これはキテますね!

 

 

 

2019/09/19
霞ヶ浦おかっぱり実釣動画

すいぶん遅くなってしまいましたが、

オススメ動画の紹介です。

 

夏にOSPの動画を

やっていただきました。

霞ヶ浦おかっぱりで効く!

ドライブスティック実釣&

テクニック解説 in Summer

ということで
おかっぱりで釣りました。
まあ、自分らしくベーシックで
普遍的なテクニックを
紹介していますので、
基本を見直す意味で
見てもらえると有り難いです。
 
当然夏以外でも釣れるメソッドなので
明日からでもやってみてください!

 

 
ちなみにこの日はミスが多くて
映像にはないけれど・・・
っていうのがいっぱいありました。
練習の時は上手くいってたのに・・
もう少しちゃんとやれたら
10本くらい釣れてるんじゃないの?
って感じでしたが、
まあそこは許してください(笑)
 
 

ガイドの申し込みはこちら!

https://kfgbass.net/guide

よろしくお願いします。

 

2019/09/19
W.B.S.最終戦 最終日詳細

2日目、最終日。

この日で自分の運命が決まる。

まあはっきりいって

年間チャンピオンは

難しくなったけれど、

小さくまとめて入賞、

とかって考えはなく、

あくまでも5キロ~6キロが

見込める釣りを展開して

だめでもしょうがない、

粘ればキーパー1本獲れる、

みたいな釣りはパスして走り回る、

そんなプランでスタート。

 

初日良かったエリアは

さらりと流してマメ1本・・

パワーダウンしてるなってことで、

出ればキロと言うエリアをランガン。

しかし、しかし、まさかの

曇り予報が晴れて行く・・

しかもすっかり晴れて暑いくらい・・

これは自分の展開じゃない・・

やばい・・って思いながら、

初日同様、フットボールの

モーションジグ10gの

ホンガリングで800くらいの

ナイスキーパーをキャッチ。

こればっかでした。

 

 

まだまだ行けるって頑張るけど、

とにかくバイトが少なくなっている。

さすがにこれはってことで

頭をリセットして

スピニング出したり一カ所で

ジックリ粘ったり

腰を据えてやる時間とかも作ったけど、

なんだかギルみたいな?

当たりが数回あっただけで進展がない。

 

やはり今回はランガンベースで

数撃ちゃ当たるで1本づつ

拾いながら動かないと

ダメだろうってことで

とにかく諦めないで頑張り続ける・・

やれることはそれだけ・・

とにかく集中で動き回った・・

 

そして帰着時間・・・

本当に頑張った・・

クタクタになるまで頭使った・・

 

自分の思考ではわからないことも

ゆずさんの頭脳とウデがあれば

何かキッカケが見つかるかもって

思ってたけど・・

二人して頑張ったけれど

ホント難しい日になってしまったなあ・・

 

翌日、ゆずさん知恵熱が出て

ダウンしたらしい・・

本当に無言でルアー変えたり

いろいろやってくれてたからなあ。

たぶん将棋とか麻雀と同じで

頭の使い方大変なんですよ。

描いたシュミレーションと

実際の体の動作が混じった状態で

マックスまで行っちゃうから

本気のトーナメントっで過酷なんですよ!

例えが違う?

 

まあ、自分はそこまで頭使わないんで

楽にやってるけどね(笑)

 

ゆずさんご苦労様!

極限まで頭使ってくれてありがとう!

お疲れ様でした!

 

ってことで、まだ続く・・・

 

 

 

ガイドの申し込みはこちら!

https://kfgbass.net/guide

プロズファクトリー
プロズファクトリー

〒339-0078 さいたま市岩槻区掛508-2-101
Tel.048-797-7366 | Fax.048-797-7367
http://www.pros-factory.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中