THE KEEP CAST ザ キープキャスト

キープキャスト2017開催決定!

2017/05/20
フォトコンテスト残り三日&ATTICオリジナルロッド開発中!!

ご無沙汰しております珍獣人です。

 

 世間はGWが過ぎて皆さん淡々と仕事をこなしていらっしゃると思いますが、バスフィッシングの方はスポーニングもそろそろ終わりを迎え回復傾向の魚が増える状況になりつつありますねニコニコ

 

 そんな中アチックではアチックフォトコンテストが開催中となっています。しかしながら今日を含めて募集期間があと残り3日となってしまっていますので実質魚を釣ってエントリーして頂くにはこの土日が勝負所になります爆  笑

今の所頂いた釣果の中での最大魚は59cmのバスダウン

 

外道賞候補はライギョの53cm

 

となっています。

 

 フォトコンテストではサイズの上位3人の方と外道のサイズ1位の方以外にランダム賞としてプレゼントを用意しておりますので、サイズを気にせずドンドン投稿して頂く事をお勧めしますにひひ

 

 そしてさらにここで重要情報を公開!!

今年の夏ごろの販売を目指してアチックとしては初のオリジナルロッドを製作しております!!

先日、出来上がったばかりのサンプルですが黒ひげさん曰く「かなりキテルウシシ」と仰ってました。

 

近日中にテストしますので、またの続報をお待ちくださいませ。

 

今日はこの辺りで、ではパー

2017/04/21
第一回ATTICフォトコンテスト開催!!

こんにちは珍獣人です。

 

前回の投稿から期間が空きましたが、ここで重大発表です!!

 

この度、第一回ATTICフォトコンテストを開催いたしますクラッカー


ATTICルアーをお使いの方はどなたでもご参加頂けます。
上位3名様に素敵な賞品をご用意します。
ランダムナンバー賞や、協賛小売店様による外道賞などもご用意させて頂きます。
賞品内容は後日お知らせしますので宜しくお願いします。
解らないことがあればコメントをお書き頂ければお答えさせて頂きますのでご参加宜しくお願いします!
大会ルールなど詳しくはコチラ下矢印の画像をご確認ください。

投稿先はコチラのメールアドレス下矢印

[email protected]に画像を送って頂く方法と、フェイスブックでの投稿先のATTICフォトギャラリーページのビジター投稿となっております!!

ATTICフォトギャラリー下矢印https://www.facebook.com/atticphotocontest/

 

皆様の投稿お待ちしておりますニコニコ

2017/03/29
ATTIC的スピナーベイト理論その1

まいどどうも!胡麻ひげです!

ATTICでは今年スピナーベイトの販売を予定しています。
?

実は10年以上も前に販売していた「アンダープレッシャー」というスピナーベイトなんですが、
新しく何か考えようと思って色々試行錯誤しましたが、当時ない頭を振り絞り究極のシステムを考え出したんで、簡単にそれを超えるものはできませんでした。
?

そこで、今回はATTICスピナーベイト理論の1部分をご紹介します。
これを読んでいただくと、「アンダープレッシャー」の仕組みを少しでもご理解いただけると思います。

スピナーベイトというルアーの基本的な性能やブレードパターンなどはここではあえて触れません。かなりはしょって書きますので「いやいやそれはちがうやろっていうこともあるかもしれませんが、そこはほっておいてください(笑)

 

スピナーベイトは基本ピンポイントを狙うルアーではありません。

そこで重要な要素の一つに「レンジキープ力」があります。
「レンジ」いわゆる「棚」です。
ストラクチャーについているバスを狙う以外は、このレンジを意識した釣りをしなければいけません。勿論、スピナーベイト以外でも、この棚をとるということは非常に重要な要素です。

そこで、ATTICではスピナーベイトのレンジキープ力をあげるため、「サスペンドリーリング」を可能にするシステムを考えました。

「サスペンドリーリング」すなわち、スローからファーストまでのj基本領域で、浮き上がりも沈みもしないスピナーベイトこそ、狙い通りの「レンジ」を通してこれるのです。

ゆっくり巻かないと浮き上がってくる。
早く巻かないと沈んでしまうスピナーベイトでは、狙い通りのレンジを引いてくることができず、
思い通りの釣りをすることができません。

ルアーをキャストしてカウントダウンしレンジまで沈めてもルアーがそのレンジをープしてくれなければ意味がないのです。

そこで「サスペンドリーリング」するために考えたシステムが「クランクアームシステム」です。

それでは次回「クランクアームシステム」について詳しく解説させていただきます。

 

2017/03/11
湖北Specialのお話

こんにちは、黒髭改め胡麻髭です。
?

今ではTakasuMinnowと言えばPoetがよく知られていますが、30年前には
TakasuMinnow=湖北Specialといって頂く方が大半でした。

今日はその湖北Spesialについて少し書いてみます。

湖北Spesialと言えば多くの皆さんはルアーの名前だと思っている方が多いんですが、
実はカラー名なんです。

それ以前のTakasuMinnowは、池原、七色等で作った、ONE TEN POPやPOET等が主なルアーでした。

実は湖北Spesialの誕生には現在のJBバストーナメントが大きく関わっているのです。

1985年にJBTA(現在のJB)バストーナメントが始まり、翌年の1856年に東レソラロームバッシングチームが誕生しました。

まだ菊本氏等が参加する前の創立メンバーに、当時私の所属していたJLAのメンバーの
久保浩一、萱間修、ダンディ嶋津の3名が参加していました。



トーナメンターが使っても通用するようなルアーを開発しようと、今までリザーバーで使っていたルアーを広大な琵琶湖で使えるように改良したルアーが、Poet11湖北Spesialです。

飛距離、視認性などに重点を置き、リップレスのペンシルミノーに、波間で目を切っても見失わないように、当時ミノーでは珍しいレッドヘッド塗装にしました。

独特のラメボディもその当時は類を見ない物で、乱反射による膨張色が狙いで、シルエットを大きく見せるための物でした。



この、独特のラメ塗装が効果絶大で、圧倒的な釣果に繋がり、その後名古屋の小売店様でお取り扱い頂けるようになり、湖北で30人が30人とも湖北Spesialを投げていると言われるようになり、湖北Spesialの名前が全国に広がるようになりました。

このように、湖北Spesialは、ONETEN POP、Poet11、Poet7、Poet6等に施した、カラー名が
当時一番人気のあった、Poet11湖北Spesialを湖北Spesialというルアーだと勘違いされている理由です。

何はともあれ、未だにお目にかかる方から「湖北Spesialで良い思いを沢山させて頂きました」とお声を掛けて頂くのは、長くこの仕事をしてきて良かったなと思う瞬間です。

実際、ラメ塗装の湖北Specialは釣れます!
是はその後のルアーにラメボディが沢山出てきたことを見ても明らかです。

?

2017/02/17
キープキャスト2017直前!!

皆様ご無沙汰しております珍獣人です。

かなりアメブロがほったらかしになってしまいましたがガーンいまは明日開催するキープキャスト2017の出展ブース設営を終えて滞在先のホテルで書いております。

そのブースの全容はコチラ下矢印


場所は下矢印





会場ではキープキャスト2017限定商品を販売いたします(≧▽≦)
ラインナップは

ライトリアル290J
婚姻色オイカワ・ネオンライダー



ライトリアル175J
左上からネオンライダー・パールピンク
左下からセクシーシャッド・婚姻色オイカワ



Poet7・Poet9
左はメキシカンレボリューション
右はリザーバーシャッド



リビングBGR2017モデル
ネオンライダー・マレット



FURIFURIロングver(3.5g・6.5g・10g)
レタス・ヒウオ・サンフラワー


少量のご用意となっておりますので会場にお越しの方はお早めの検討をお勧めしますウインク


皆様、明日会場でお待ちしております。

今日はこの辺りで、ではパー

ATTIC
ATTIC

〒583-0008 大阪府藤井寺市大井2-5-35 F号
Tel.0729527792
http://www.attic.ne.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中