THE KEEP CAST ザ キープキャスト

キープキャスト2017開催決定!

2017/03/22
”20日アノストで4キロのモンスター登場!!!!”

琵琶湖・コジコジガイドの釣行記!

2017/03/22
”3/20 アノストを色、サイズで使い分けて50アップ3連打!”

今日も何処かで☆アノストフィッシュ♪
琵琶湖・南湖よりアノストフィッシュありがとう(^^)/

2017/03/22
アノスライダーネコで3キロupが出ました。アノスライダー発売に向けて!

20日に私がアノスライダー4.8(プロト)ネコでキャッチした3キロup。

 

アノスライダーとはこの夏のBOREAS(ボレアス)から発売を予定している新作ストレートワームです。

 

先日「ルアーニュースR」でも紹介して頂きました。→http://www.lurenewsr.com/2017/03/10/9462/

 

ルアーニュースRさんの記事を読んで頂けば開発コンセプトは理解して頂けると思います。

 

アノスライダーの長さは4.8インチですが、

 

太さは一番太い部分でアノストレート5.5”と同径です。

 

ワームの太さと長さの関係は非常に微妙です。

 

同じように見えるワームでも細部のバランスで用途へのマッチングが大きく変わってしまうのです。

 

この部分がマイナスに働いてしまわないように、コンセプトに基づいた開発と使用方法を伝えるということを怠ってはならないと考えています。

 

何気なくみんなと同じように使っていてもまったく違った状態を作り出してしまっていることって多いと思います。

 

同じことしているのに、自分は全然釣れない!ってのはこう言うことでもあるんだと思いますよ。

 

「アノスライダーはバスが釣りやすい!」って誰にでも言ってもらえるワームを目指して作りました。

 

アノスライダーのリリースが待ち遠しいです。

 

 

2017/03/21
【ムービー】初めての琵琶湖で56cm3200gをジョイクロでつり上げる瞬間!



湖北ガイドサービスの長谷川耕司です。ゲストさんが琵琶湖で初めて&初めてのジョイクロフィッシュをキャッチする瞬間です!

2017/03/21
琵琶湖には夢がある!一生忘れない1匹を追い求める3連休の琵琶湖!!

 

3連休ゲストさんと共に北湖を巡りました!

 

遠方からの普段琵琶湖には来ないアングラーさんがガイドに来てくれました。

 

 

18日 広島県からお越し頂いたゲストさんがJCF!

 

ジョインテッドクロー178長谷川ピンクVer.2にて55㎝3900gをキャッチ!

 

ピーカンべた凪になったタイミングでドカン!と出ましたね!!

 

 

18日 アノストレート5.5”(バッタマンギル)+アノストシンカー5gネコにて40UP

 

相方さんのJCF見たらこのサイズでは物足りなく感じてしまうかな?


フットボールジグ&クローワームでも40upを一本追加しました。

 

私的にやっと穏やかなフィールドに出れた一日となりました。

 

19日 またまた広島県からお越し頂いたゲストさん。

 

前日の続きのパターンが気になるところでしたが、ゲストさんがどーしても、奥琵琶湖エリアに行きたいと言うのでツアーコース決行しました!

 

朝一、一気に安曇川超えて~♪最北エリアは水温が低い!春を探してみましたがどうも見つからないそんな雰囲気でした。

 

キャッチしたのはフットボールジグ&クローワームでの40UP一本のみとなってしまいましたが奥琵琶湖エリアをゲストさんと満喫しました。

 

この続きまた是非探してください!もしくはまた一緒に見つけに行きたいですね!!

 

 

20日は関東からお越しのゲストさんお二方が初琵琶湖!

 

琵琶湖初チャレンジで北湖を選択するとはなかなかレアな感じではないでしょうか?

 

関東でボートを所持していると言うことでボートの釣には慣れている感じでしたね。

 

ただ、北湖との水深さにはやはり戸惑うところだと思います。

 

3メーターはシャローですからね!琵琶湖で普段釣りをしている人でも初めての北湖は大抵戸惑いますからね。

 

そんな中、集中力を欠くことなくキャストを続けたゲストさんにJCF!

 

ジョインテッドクロー178(ハーフミラー公魚)にて56㎝3200gはゲストさんの初JCF&初琵琶湖フィッシュでありながら、自己記録魚となりました!

 

 

連休を利用しての遠征琵琶湖釣行いいですね!連休はプレッシャーがかかりやすく決して釣りやすいとは言えませんが、特に遠征者の強い釣りたい!と言う思いが一匹に繋がると思います。

 

実際琵琶湖で良い釣果に巡り合うことは簡単ではありませんが、1匹のデカバスを思い描いて遠方からもアングラーを引き付ける魅力があることは私からしても十分感じるところです。

 

 

一生忘れることの出来ない瞬間を作れる場所ってそんなに多くはないと思います。

 

そんなゲストさんとの瞬間に立ち会えることもガイドの楽しみの一つだと感じます。

 

 

↓明日空いている琵琶湖ガイドが見つかるサイト!

ガイドの予約空き状況はこちらをチェック!

 

ボレアス
ボレアス

〒520-2412 滋賀県野州市六条990-5 A202
Tel.090-9336-6978 | Fax.077-502-2433
http://www.okubiwako.com

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中