THE KEEP CAST ザ キープキャスト

2020/10/24
俺スピナベに嵌るかも?またウォーイーグルでドン!今回はオリジナルのウォーイーグル3/4...
2020/10/11
i字系に関しては、偶然にも昨年辺りから琵琶湖のトレンドとなってしまいましたがボレアスでは、...
この投稿をInstagramで見る

i字系に関しては、偶然にも昨年辺りから琵琶湖のトレンドとなってしまいましたがボレアスでは、4年ほど前からI字系に特化したソフトベイトの開発に取り組んでいました。 そして、昨年リリースさせて頂いたのが「DEVILS TALL(デビルズテール)」です。 琵琶湖でも北湖歴の長い人(15年以上)であれば、i字に対して意識高いアングラーは多いのではないでしょうか? ワームを棒引きするテクニック、北湖では25年以上前から定番化していたと思います。ワームだけでなく、ハードルアーに関しても棒引き、i字引きのテクニックは色々なルアーで存在していました。 クリアーウォーターで、視認できる範囲で行われるテクニックはバスの反応をもっとも理解出来る釣りでもあります。 反応するかしないか?反応しても食うか食わないか?食ったとしても、その反応が強いのか弱いのか? バスがルアーを見切るタイミングやアクションなど、バスを釣れば釣るほど知識として蓄積されます。 そのイメージは実際に視認出来ない釣りでも活かすことが出来るようになり、アプローチに対して非常にシビアな考えに繋がっていきます・・・ この記事の続きは全文「琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog」にてタイトル「バスの表情までを伺いながら釣りをするような感覚【i字系】」でご覧頂けます。検索して是非ご覧ください。 またYouTube動画はプロフィールのリンクよりご覧ください。 #ボレアス #BOREAS #デビルズテール #DEVILSTAILL #i字系 #長谷川耕司 #kojihasegawa

長谷川 耕司(@koji_hasegawa0726)がシェアした投稿 -

2020/10/08
ネコリグをやっているけど感触が全く掴めなく意味がよくわからないという人へそんな人にこそ...
2020/09/27
私のガイド史上衝撃的なセリフを聞いた時・・・釣り経験の少ないお子さんに釣りの楽しさを...
2020/09/22
すでにご存じの方も多いとおもいますが、9月13日にB.A.S.S.まっつんこと松下雅幸選手...
この投稿をInstagramで見る

すでにご存じの方も多いとおもいますが、9月13日にB.A.S.S.まっつんこと松下雅幸選手がバスマスターセントラルオープン・サムレイバン戦で優勝を飾りました! その時に、決勝最後の4ポンドフィッシュをアノストレート5.5”+アノストシンカー5gでキャッチし優勝を決めたそうです。 本人から聞いた話なんですが、最終日4本のキーパーをキープ後、釣れなくなってしまったそうです。(まっつんのメインパターンはサカマタシャッド8inヘビーウエイトモデルのノーシンカーでした。) そこで、アノストレートのスイミングを試したところ、優勝を決めることになった4ポンドフィッシュをキャッチしたそうです。 渡米前の8月28日、まっつんはアノストレートネコの釣りを教えて欲しいと私と一緒に琵琶湖フィールドへ出ました。 アノストレートのヘビーネコスイミングの釣りを一日掛けてレクチャーしまた。 その時の模様は私のYouTubeチャンネル「琵琶湖ガイド長谷川耕司のBASSFISHNG」でも公開していますが、その中で印象的だったまっつんのセリフがあります・・・ この記事の続きは全文「琵琶湖ガイド長谷川耕司のblog」にてタイトル「こんな連絡が来るなんて思ってもいなかった2週間まえ・・・」でご覧頂けます。検索して是非ご覧ください。 #松下雅幸 #デプス #サカマタシャッド #ボレアス #アノストレート #アメリカ #ネコリグ #長谷川耕司

長谷川 耕司(@koji_hasegawa0726)がシェアした投稿 -

BOREAS
BOREAS

〒520-2412 滋賀県野州市六条990-5 A202
Tel.090-9336-6978 | Fax.077-502-2433
http://www.okubiwako.com

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中