THE KEEP CAST ザ キープキャスト

捕獲能力を追求するバスハンティングギア

DRANCKRAZYとは酔のDRANKと狂のCRAZYが
合わさり出来た造語ブランド名です。
神戸を中心とするリアクレこと上田純也率いる、
「リアルクレイジーアングラーズ」と、
日本だけにとどまらず世界中にメンバーを増やしてきた伊勢を本拠地とする「酔いどれ」。
1997年に、バスフィッシングをコアとしながら、
それぞれが様々なジャンルの釣りを通して 自然に引き合い、
数名のメンバーによって「DRANCKRAZY」が立ち上げられました。
代表のリアクレを中心にメンバーの得意な釣りを生かし、
各地の野池、リザーバー、そして琵琶湖など、
地域性を大切にしたバスフィッシングに狂ってほしい、
また、日本の海が育てた豊かな環境があるソルトゲームでも、
仲間たちとジギング、キャスティングゲームに酔いしれてほしい、
という願いを込めて様々なターゲットフィッシュに対応できる商品企画、開発を行っています。

2020/01/15
2020DK新作ルアー解禁★既にプリスポーン?!

先週はミッドナイトワークに谷山さんの
売り出し、そしてえべっさんと。。

老体に鞭打ち走り廻ってましたw

まだ受注は始まっていませんが遂に
2020DK新作ルアーを解禁しました★

まずは開発に2シーズンかかってしまっ
たオオツチノコ


ストレートワームって

単純そうに見えるけど奥が深い。。

この形状に辿り着くまでに丸2年。。
何度も作り直してかなり怒られましたw

ようやく最終形態が決まり最後はソルト
の配合率、硬度、フォーミュラー配分
など調整して1番威力を発揮するアフター
シーズンまでには間に合わす予定っす

ネコリグは勿論、ノーシンカーでの
フォール自発性からダウンショットでの
悶え狂うアクションまで追求し、カバー
対応のオフセットネコリグでのアクション
やフッキング性能を研究して創りました


もうひとつはツララのオガケンと2人で
研究してコラボレーション1号のルアー

オガケンの力作シンゾーベイトと僕の
代表作ディレンジの特色を融合した

その名もそのままw

シンゾーディレンジ★



ツララからはダートに特化したSW
をメインに考えたカラーラインナップ

ドランクレイジーからはバスを中心に
繊細な動きを追求したフレッシュモデル



このワームに命を宿らせる特色な針
シンゾージグヘッドが付属でついて
きます?

先週の日曜日にアクション撮影も兼ねて
野池に出撃してきましたが雨の影響で
濁りが入り…ちょっと分かりにくいで
すが、ただのホグ系だと思って使うと
その唯一無二のアクションにド肝を
抜かれ鱒w




この日は青野の主カズっちが同行して
くれて、ひとしきり撮影が終わった夕方
前から最終プロトのテストも兼ねて釣り
してみたけど…

年始に良かったサンドバーのブレイク
は無反応

そしてディープでのスイミーにさえ
反応が無く

夕方は、もしかして?とゆうよりヤケ糞
でシャロー攻め

するとカズっちがいきなりオオツチノコ
で今年の初バス?


こんなコバっちが真冬に7インチのオオ
ツチノコを頬張り喰い。。

しかもシャローで。

ほんまに真冬?

僕はインサニアにてシンゾーディレンジ
のグリパンにて、こちらもシャローで
バイト


もしかして…

大潮と雨で既にシャローへ差してして
るのか?

ラストはスパQにロッドを持ち替えて
ダートに特化したツララ仕様のシンゾー
ディレンジでシャローのリーズ周りを
一応撃ってみると…

水中でギラッギラッとスーパーヒョンコ
ヒョンコに狂うバスが見えた瞬間!

スパQのティップが絞り込まれた★



真冬にドシャローのカバーで狂った
まあまあサイズ?

どうやらバスは既に春を意識してますね

こないだの琵琶湖もドシャローだったし

変な1月っす

琵琶湖といえばスローシャイナーを昨年
からテストしてくれていたマツさん!

昨年12月もロクマルを筆頭に55UPを
連発水揚げしてスローシャイナー伝説
を創ってくれていたが…

元旦にもゴジュウUP更に2日には…

またもやロクマル??




マツさん&スローシャイナーのコンビ
恐るベシ。。

仲間に囲まれて人望もあるエキスパート
のマツさんは同年代のリスペクトアン
グラーでござる?



そのスローシャイナーも開発から3年。。
しかも昨年発売予定が最終製品版に
納得がいかず大幅に遅れてしまい
ユーザーのみんなや小売店様に迷惑を
かけてしまいましたが…

今度こそ完璧に仕上がりました★

超ソフトながら丈夫!ノーシンカーで
は特殊素材にてフローティングなので
水面放置からのスプラッシュ~バジング
などの攻めから水面直下デッドスロー
はジグヘッドでも超スローシンキング
なのでラインもフックも隠しながら
超絶スローで誘えディープからもコー
リングさせます!ハイシーズンのウィー
ドエリアやカバーでもウェイテッド
フックでサスペンドからスローシンキン
グでじっくり誘えるうえキャロライナ
リグではボトムから少し浮かせた超ス
ロースイミングとゆう新しい攻めも

この超絶デッドスローで振る頭
ヘッドシェイクは攻撃を受け悶え苦しむ
ベイトフィッシュを演出し、弱って
捕食しやすいスイッチを入れ狡猾な
ビッグバスの側線を刺激します★




デッドスローでスイミングするスイム
ベイトしかも細いミノーシルエットに
拘り開発がスタートしたけど辿り着いた
のは、いかにテールの振り幅を大きく
するか?これを可能にしたのが特殊素材
と見た目には分からない新しい新機軸

この新機軸を発見したのはマレーシア
のピッコロ工場長。この機能のおかげ
でテールの振り幅ばかりか悶え苦しむ
ヘッドシェイクアクションも

少し濁ってたけど11の超スロー撮影で
撮った動画でこのテールの振り幅を
見て下さいませ!





この特殊素材によるフローティング機能
はクリアエリアのナーバスなバスや
アフターからサマーシーズンのカバー
絡みでも威力を発揮します★

昨年は新作ルアーを全くリリース出来ず
開発に追われた年でしたがその分今年
は強烈なファーストインパクトベイト
を連発でリリースしていくので楽しみ
にしていて下さい!

ニンニンウインク






2020/01/06
新年明けましておめでとうゴザイ鱒★

長らくの放置&遅くなりましたがw

新年明けましておめでとうゴザイ鱒?


今年もドランクレイジーユーザーの方
へ感謝を込めて1枚だけ手描きで年賀状
を描きました。

昨年の秋ぐらいから放置だっけ?

誠にかたじけない

FBやツィートしちゃうと…ついつい
ブログを疎かにしてしまうっす

今年はミッドナイトワークが少なく
なり、ようやくドランクレイジー
業務を主体に動けるのでこのブログ
も含めて色々なことにチャレンジし
ていけそうです★

SNSはナウ的な今をUPしつつこのブログ
では掘り下げた詳しい内容を伝えて
いけたらと思います。

では昨年末の釣りから4日琵琶湖の初
バスまでの詳しい内容から?


昨年の秋

いちはやくターンに悩まされた秋だっ
たけど狙いを絞っていたヒシ藻が枯れ
柔らかくなってからは例年通りパルサー
がハマって






ゴジュウ前後の乱獲パターンに?

しかしここ数年はスレるスピードが早く
一年でリセットされるも熱いのは最初
のみで、どんどんルアーをローテーション
しないと見切られていく流れを今年も
感じた。

この枯れヒシ藻パターンも最初はパルサー
でバコバコだったけど後半活躍したの
はキャンディーカラーのディレンジEX




最初はインパクト的なウィカメチャート
の反応が良かったけど後半は完全に
キャンディーの独壇場だった

どうやらオタマからカエルに変身した
ベビーブルフロッグ?いわゆる小さな
ウシガエルにマッチザカラーだった
気がするっす

そして11月に行われた青野ダムでの
ドランクレイジーカップ最終戦でも
今年の秋を象徴するようにコバッチ
のウェインの嵐

過去5年で初めて40UPさえウェイン
されなかった

ビッグバスが難しい今年の秋

そんな大会ながらチャロのパパが
第一戦、第二戦をオームEXでビッグ
バスをウェインした貯金と最終戦で
もしっかりコバッチをウェインして
年間優勝に輝いた?


そして12月には大好きなマレーシア
に行って苦渋を飲まされていたKLに
ほど近い小規模レイクにマレーシア
のDKスタッフであるケビンと出撃
して久しぶりに3kgクラスのトーマン
をインダクションで捕獲する事が
出来た?



野池ではタケ様の朝30分仕事前ガイド
にてピーコックのグッドサイズも


海で強烈に効いている限定カラーの
ピンクディレンジで?

そして管理釣り場での耐久テストでは
ボードンで50kgオーバーのジャイアント
グルーパーを連発しハイプレッシャー
のルアーエリアでもガンリューにPE
2号にリーダー25lbとゆうこのエリア
では、かなりのライトタックルwにて
インダクチャやガーゴイルjrにてバラ
ムンディーとグルーパーを連発★







タケ様やケビン、ピッコロ工場長、マサ
ミチに感謝の最高なマレーシアでの休暇
でした★


話しは日本に戻って晩秋

枯れヒシ藻も水面から消え始めて

スイミーの季節到来!









しかしクリスマスを過ぎたぐらいから

暖冬の影響でディープに入らないのか
皆が鉄板投げ過ぎてスレたのか?

頼みの綱のスイミーが不調。。

年末の29日に釣った昨年最後のバス
はシャローにて、もう一つの冬の
切り札であるCOOジグヘッド&ディレ
ンジフーラだった


このタイミングでやはりリアクレジグ
にディレンジも好調だったようで
ディープのスイミーが年末にきて不調
となった年の瀬

そして新年を迎えて

早々に初バスを釣るべく年末から絞れ
ていたスポット、シャローからブレイク
へのスポットへ出撃するも弟子のBOW
にトンビ油揚げノ術で初バスをさらわれ
てしまったw


僕もバイトは数回あったが初バスに
焦りバラしw

全てシャローからのファーストブレイク
にて色々なルアーを試すも反応があっ
たのはスジエビカラーのツチノコのみ

アカムシがメインフードなのか?

そして悔しかったので次の日は急遽
琵琶湖へ

しかしこの日の琵琶湖、元旦からの
好調から急劇にタフコンデションだっ
たようで…

僕が駐艇しているマリーナからでた
ボートは全てノーバイトの全員完全無

クーの知り合いの琵琶湖エキスパート
集団も4艇ででて完全無だったらしく

僕達もチャンネルラインをスイミー
主体で攻め全くノーバイトだったが

琵琶湖の超エキスパート松さんから
前日聞いた、直リグ。

これをスパラキュートにエクスレッド
(フロロ)11lbとゆう琵琶湖らしくない
ややベイトフィネスタックルにルアー
は口に入りやすくやや濁った琵琶湖
で弱めながらしっかり波動でアピール
出来るアーヴィッグ、カラーは前日
の野池で圧倒的だったスジエビを
チョイスして

なんとドシャローの残りエビ藻の中
にて奇跡のバイトw


マグレ要素高いけどw

激タフな日の琵琶湖で奇跡的に48cmの
初バスを捕獲出来ました?

昨年の秋から初バスまで

駆け足でしたがこんな感じーw

ともあれ今年は釣りばかりじゃなく
ドランクレイジー業務にも真剣に向き合い
日本中に旅も計画しています

そろそろしっかり形を次世代へと託す
準備もしていかないとね!

最後に改めて

ロッド、ルアーを含めドランクレイジー
ギアを使ってくれた皆様へ

昨年はお世話になりました。ユーザー
のおかげで今年もドランクレイジーが
継続できます。今年は心機一転し僕の
仕事もドランクレイジーメインの奮闘
していきます。色々と水面下で動いて
いる新しい企画も発表していきます。

リアルに「釣れる」しかも圧倒的に

そんなルアーを今年もリリースして
いきますので何とぞ宜しくお願い致し
ます。

欲しいけど売ってないよ?との声も
多数寄せられているのでショップに
置いて貰えるように今年から僕が
社長兼テスター兼開発兼、営業マン
でも奮闘していきます★

ニンニンウインク




2019/10/01
スピードが必要なのか?賢いのか?

いやー神戸はスコットランド人?

ラグビーの影響で三ノ宮は外人だらけ
です?

しかしラグビーってこんな白熱するんで
すねーめっちゃ面白いっす?

神戸に住みながらメインの街、三ノ宮に
はあまり行かないですが何故か連発で
三ノ宮に

KNKのピアノ発表会の鑑賞と


英語の先生クリスとビリヤード?


クリスはジャマイカ系ニューヨーク育ち
のナイスガイ★

ダンスとビリヤードが得意らしいので
5年振りにマイキューを倉庫から出して
勝負してきましたがコテンパンにして
しまいましたw

現役時代に比べると全然でしたが元A級
のハスラーだったので?





もちろん先週はフィールドにも出撃して
おります。

フィールドで最近、感じるのは…

スピード

バスがワンシーズン虐められて賢くなっ
ているのか?ターンの影響なのか?
はたまたベイトに依存しているからか?

まあ秋のあるあるですがスピードが無い
と騙しきれない

そんな感じっす

海でも…

神戸の街がラグビーの試合で盛り上がる
中、BOWと2人渋滞を掻き分け湾岸の
散歩へ

台風の影響でカタクチが湾内に溜まって
いるらしかったけど

何箇所かランガンして見つけたのは

マイワシの群れ


アプランタとマッチザサイズ

しかし群は小規模で先行のアングラーは
全員ノーバイトらしい。。昨日は好調
だったみたいだけど

そんな中、1箇所だけ

ストラクチャーの際、電燈によるシェード
から出てくる感じでフィーディングしてい
るスポットを発見

色々試したけど30cmぐらいのシェードに
スイミービッグをフォールして最初の
リフトだけスイッチが入るパターンを発見
して70弱のグッドサイズ捕獲


BOWも同じパターンで60弱を捕獲


2人共にノーサーでスイミービッグSW
モデルのブルーシャイナーだった


イメージはストラクチャーの下に
ステージングしてベイトが通ったら
フィーディングするけどスレている

無波動のフリーフォールで追わせて
1発目のアクションにだけ時々スイッチ
が入る絞り出し系パターンw

ただ海でもスピードリアクションしか
反応しないように感じた


週末の土曜日はCOOと久しぶりの琵琶湖
へ出撃するも…

無睡眠での出撃は無理があったのかw

ボートの上で4時間も爆睡してしまった

やっぱ僕は船団、集中力無くしまつ…


COOが拘った木浜沖

ボートも多いけど魚影も確かに濃く

釣れるボートは決まった感じだけど
釣ってるボートは3~4インチのi字系で
フィネスに攻めている

それならこれでも釣れそうとセレクト
したのは海用だけどブロビスのアッシム

バチ抜け用のルアーだけど僕は無風で
無波動波紋モヤ引きパターンで海でも
淡水でも渋い時によく使う

このパターンでCOOは僕の大昼寝中に
20匹連発したみたいw

ケタバスもグッドサイズが食ってくる


アッシム以外で反応したのは

やはりスイミー

25cmぐらいが連発して時折40cm弱
ぐらいなら食ってくる


アベレージは小さいけどベイト喰いまく
りの太い回遊系

ただ狙っていたのは、このコバッチや
ケタバスを喰う3kgオーバー

大昼寝から目覚めたw夕方は同じような
シチュエーションでプレッシャーが無い
エリアを探し池原でもモンスターサイズ
を反応させたインダクション6の高速巻
きで投げまくって

一度だけ、ゆうに3kgを超える巨体が
ボート際まで追いかけてきた

チャンスは少ないけど、やはりこの
パターンはデカいバスを狂わせる

それを見たCOOはボードンにテキサス
でシャローのウィードパッチを攻めて
2kgサイズを捕獲


インダクション6のスモークギルTX

やはり早巻きで3回連続のバイトで
3回目にガッチリ咥え込んだ

 秋の琵琶湖

今後もちょっと釣りこんでみたいっす

さー明日の忙しさを抜けたらやっと
釣り行けるぞー?

右肩痛いけどやっぱ秋は巻きまくりたい
ねー

ニンニンニヤリ





2019/09/25
RCA'S捕獲報告★風羅でいきなりロク!

台風過ぎてグッと秋が深まりましたね

暑さ寒さも彼岸までと昔の人はよく言っ
たもんですなー

池原から帰りデカい人と青森行って…


台風が来て

台風が去った連休最終日も昼から野池
に出かけましたが

やはり…

前線通過後は厳しい

僕のイメージは大雨や台風の真っ最中
に強い魚は喰いまくって通過後には
満腹でニュートラルになる

なんで通過後には食べれなかった個体
か、まだ勢いが残っている魚を探す
感じ

濁っているから騙しやすくなるけど
想像以上にマッチャっ茶だったが

ウィード内部のヘビテキでは先週同様
に反応はあるけど

あきらかにバイトが浅い

本気喰いしてこない感じ

夕暮れも早く短時間ながらボーズ寸前
で偶然反応するパターンを見つけた

ディレンジEXのヘビテキのままで
キャストミスした高速回収にマッディー
な水面が波立って追ってくるのが分かっ

しかし追ってくるだけでバイトには
至らず…

他のルアーも色々とローテするも
追うのはディレンジEXの早巻きのみ

何とか口を使わせたのは追わして
ヒシ藻のエッジに当てた瞬間、追い込み
スイッチ?なのか深いバイトを誘発
できた?


このパターンをKNKにも教えると夕暮れ
寸前でKNKにもグッドサイズが


しかし40年間バスを釣り続けてもまだ
新しい発見がありますわw

話は飛びましたが先週のRCA'S捕獲報告★

まずは長野から中村Bro

アキラは伝家の宝刀リアクレジグ&ディレ
ンジにて


兄貴のミツオはセダクト&ディレンジ
得意のブルフロッグカラーで



この周期、長野ではオレンジが効いた
のか?

長野カリスマショップBooさん常連の
DKハードユーザーであるrevoさんも
オレンジベリーなバーガーTXでビッグ
バスを連発してくれていました★



少し南下して大江川

トミーは、ここ1カ月コンシュメイト
ワークスにジグ&ディレンジで毎週
45UPを乱獲★先週も


三重からはマッサー

レイジのハードジャークで


更に一本だけ強奪したスローシャイナー
のファーストプロトでもビッグバス★



琵琶湖からは

先月イベントで青野ダムにて伝授した
ソドムにてモーニン君が陸ッパで?


更に琵琶湖からは筋肉オジさん松さんw

どっこも売ってないぞー!っとKMKから
強奪したオームEXでいきなりビッグバス


小心者の僕はw琵琶湖で実績のある
ディレンジフーラEXを進呈すると
台風後の琵琶湖でいきなりロクマル??


やはりディレンジパワーとエキスパート
が融合すると凄いことになりますね?

南大阪からも

トマラネーゼはイナズマで


ビッグマグナムもディレンジで連発!



コンシュメイトワークスをブチ曲げ
まくってくれています?

ラストはマレーシアの僕の兄弟のとこ
へ押しかけていたG

初日はトーマンアタックにフラれて

ローカルのTK4とKevinは、しっかり
キャッチ?



イナズマぐにゃぐにゃにされてましたw


2日目はモンスターグルーパーのボリ
にてインダクションで


癒されていたようですw

しかしモンスターグルーパーすげえな

僕も今度癒されに行こう?



ニンニングラサン



2019/09/22
チャロの池原修行★沈む虫

先週はリザーバーの経験値が少ない
チャロの修行で池原ダムへ★


僕も秋の池原は久しぶりだったが

想像通り難しかったw

唯一のストロングパターンはサイト
での「沈む虫パターン」

この沈む虫パターンは今年全国的に
ブームだったけど僕的には場所や
エリアが限定されるパターン

ライトラインでラインプレッシャーを
消しながら超スローフォールで細かい
パーツを震わしながら誘って見に来た
バスの鼻先でワンアクションのリアク
ョンで口を使わせる

僕的にはこんな感じの使い方なので
まずクリアな水質で「目」がメインで
フィーディングするバスがターゲット
となる。

それとフッキングも一瞬しか口に入れ
ないケースも多くサイトフィッシング
が基本

このパターンは安定して反応してくれ
たので今回はチャロにフィネスなサイト
をメインに伝授

あんまりスピニングの釣りを教える機会
無いからまあ良しw







僕も滅多に使わないULのインサニアに
(スモールマウスかロックフィッシュぐ
らいかな)1番軽いイガラバにハンブラビ
といったトレーラーにて









この沈む虫パターン

以前は廃盤となったスカラベに軽量
ジグヘッドを使ってゲンゴロウパターン
と呼んでいたがw

今回はフォールで震える足を軽量な
スモラバのスカートで演出する為に
少なくハリのあるスカートのスモラバ
を探しイガラバをセレクト。

そしてトレーラーは、よりスローに
フォールして最後のワンアクションで
リアクションを誘発するダートアクシ
ョンが秀逸のハンブラビとした。



実はハンブラビのプロト時代の3年前
このパターンで池原にて無限に釣れ
続けた事がありチャロにもアフター
サイトの切り札として伝授している
忍術だったのデござる



コバッチなら無限に釣れるクリアの
最終兵器w

残念ながら今回はマックスで45足らず
とビッグバスに恵まれなかったけど…

実は余裕のロクマルサイズをこのパター
ンでバイト寸前までいったり

55クラスはスローシャイナーとインダク
ションでバイトまではあったけどショー
トバイトでフックアップまでに至らなか
った。。

しかしスローシャイナーの集魚力は凄ま
じくスローゆえ状況的にチェイスのみが
ほとんどだったけど、めっちゃ見に来て
くれるので(フナやベイト、トラウト系
までめっちゃ後ろを追尾してくるw)
バスが濃いエリアの見極めに魚探並みの
活躍だった

今年の春に一度訪れた時は濁りでサイト
が出来ずなんとかゴジュウUPを絞り出せ
たのがこのスローシャイナーと重量級
ジグヘッドでのインダクション6インチ
の超スピードスイミング

今回もこのパターンをCOOジグ14gの
スカートを間引いたコンビで投入した
けどロクマルクラスが突進してきたり
55クラスをバラしたりと今後、状況が
良くなれば池原の天才君をも騙す必殺
になる可能性を感じた





今後もこの対照的な2つのスイムベイト

デッドスローのスローシャイナーと

超スピードのインダクションが秋の
ベイト絡みなパターンで炸裂してくれ
る事は間違いない?

今回もお世話になったトボトスロープ
のタイさん

ありがとうございました!

また来春おじゃまするのでよろしく
お願いします?

ニンニンニコニコ




DRANCKRAZY
DRANCKRAZY

〒519-0501 三重県伊勢市小俣町明野306-1
Tel.0596377051 | Fax.0596-37-0808
https://dranckrazy.com/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中