THE KEEP CAST ザ キープキャスト

DUO international ~NIPPON QUALITY~

ベーシックでいて、ちょっとしたサプライズを秘めている。
レアリスは創造的な精神でラジカルに時代を塗り替えて行きます。
引き継がれ、応え続ける我々のDNAは「奇をてらわず、初心者でも扱いやすい」という答えを導きました。
コントローラブルでユーザーフレンドリー、コストパフォーマンスに優れた基本性能は合理性だけでなく、楽しさを追求。
そして、ゲーム性の高いハードベイトによるアプローチに、未体験の喜びを感じることになるでしょう

2018/06/18
平太さんと語ろう

お疲れさまです。

平太さんと語ろう。。

平太さんとは静岡県知事の「川勝平太」知事。。

定期的に県内各地を回り、一般市民との意見交換をする公聴会的な企画のようです。

で、何故か焼津代表の発言者(若干6名)にチョイスされましたので早起きして参加してまいりましたm(__)m

・・・

記念写真【中笑】メール用.jpg

発言者と知事、県議の方々

うん、まあ、知事の印象としては気さくで親しみやすい印象受けましたが

コレ系の公聴会、

やらないよりはやった方が良いとは思いますが、

一般的に言えば「パフォーマンス」

本当に意義、正義のある発言に対し、どれだけ県(行政)が動けるかが重要。。

自分は主に国内における県内の釣り具産業の質量。。とか

工場立地(土地)に関する謎規制、謎ルールに関して

かなりやんわりと発言したのですが

その場で知事は「杓子定規にならずに色々変えるように一緒に努力しましょう」。。

的な事をおっしゃって頂けました。

ちなみに公聴会が終わり、会場から退場した後も県幹部の方々が「近日中にお邪魔したい」

との事でしたので、「そこまで言ってスルーしたら騒ぎますよ(-。-)y-゜゜゜」

と、言っておきました(笑)

・・・

で、結論ですが

自分は元々行政にはあまり期待しないタイプで

陳情とか政治的なロビー活動も一切したことなかったのですが 費用、労力対効果が低いからです

今回のそれは思ったよりは有意義?っぽく

何よりも薄々はわかっていましたが

知事がどうのこうのではなく、

県や市の職員の方々。。

皆さん流石に優秀ですね^^  我々とは毛色が違うってやつでしょうか(-。-)y-゜゜゜

「お役所」故に色々な縛りで我々のような雑な民間からみたら眠たく見えがちな訳ですが

役所は有能な人材を上手く使い切ってないなと思いました(笑)

最後に。。

こういったプレミアムな場に呼んで頂き   恐らく自分は「色物枠」(笑)

尚且つ好き勝手発言させて頂けたことには感謝しかありませんが

ある程度テーマを絞った方が良いのではないでしょうか??

6名の発言者がバラバラのテーマで

対象が「焼津」なのか「静岡県」なのかもあやふや。。

焼津市にモノ言うなら地場に関する話だけでOKと思いますが

今回は主催が「県知事」。。

又、今回の発言者の方々、福祉関連から食文化、産業関連と盛りだくさん

どうしても内容が薄くなってしまいますし

そのジャンルの代表として同業者の意見をまとめた上で参加している訳ではありませんから

要望が細かくなりすぎてしまいます。

県庁の関係各位様。。

このブログ読んで頂けていると思いますので

出来ますればその辺も考慮して頂けたらと思われますm(__)m

DUO 安達

PS;公聴会の前に知事を囲んでランチ(弁当)したのですが、正直、無理矢理感満載で微妙でした。
  静岡の弁当はしずおか弁当の「網焼き弁当」にかぎる(笑)

2018/02/27
働き方改革2

お疲れ様です。

最近話題の「働き方改革」。。

自分も経営者として興味が無い訳ではないので

面白そうな議論、NEWSの場合はスルーせずにチラ見してます。

本日もBS系の討論番組で「裁量労働制」について議論中

・・・・・

裁量労働制(さいりょうろうどうせい)とは、
日本において
労働者雇用者と結ぶ労働形態のひとつであり、労働時間と成果・業績が必ずしも連動しない職種において適用される[1]。Wiki引用

・・・・・

データを改ざんしただの調査原本を隠ぺいしただの

三下野党政治家が無駄に吠えていましたが

この裁量労働制。。

  僕の認識では技能系やマネジメント系の職種が多く、賃金的には優遇されている?人材

  が多く、仕事時間、スタートエンドも自由である為、気持ち的な余裕も持てる。

  又、仕事に対する意識も野心的な人材が多いので、1日2時間程度の残業は何ともない?

そういった方々が多いのではないでしょうか??

認識、言い方が間違っているかもしれませんが

  自由と+アルファの報酬を得るために多少の労働時間増は受け入れる覚悟のある人材
  *労働時間、減っている人もいるとは思いますが

・・・

実際、DUO社でも男子社員はこちらのチョイスが多く

新人や現場女子社員を除けば80%以上が「裁量労働制」を希望します。

・・・

そもそも機械じゃあるまいし、同一労働同一賃金なんて不可能

人それぞれ能力やモチベーションは違いますから

公平な?ルールを作り込めば作り込む程「歪」は出るもの

単に労働時間で行政がワイワイ騒いでも何も解決しないのではないでしょうか??

・・・

我々中小企業の世界では既に「労働者不足」

人気のある大企業はまだ良いかもしれませんが

今後は人材の取り合いが加速すると思われます。

労働者側の完全な「売り手市場」ですよ。

 自分の能力に対し、報酬等の条件が合わない。。

 散々残業しても評価が上がらない。。

 ストレスで体調不良になった。。

個人的には労働、仕事は体調崩してまでやるもんじゃないと思っています。

今の日本の企業風土では簡単ではありませんが

可能であるならそういった企業からはさっさと退職して他に移った方が良いと思っています。

ただ、誤解を恐れずに書きますが

経営者目線で言えば、個人の能力、耐性などは様々なので

社員が体調を崩したり、最悪あってはならない事ですが「過労死」まで至ったとしても

それらを完全に予防する制度を作るのは不可能。

企業側も行政の制度、指導に沿っても予防は多分不可能で

あまり言いすぎると持病や職歴から

無駄な差別もうまれてしまうと思います。

ですのでそういったダメージを負った労働者のケアは最優先ですが

それ以外に

労働者が自由に転職できる仕組み

&それを阻害する企業に対するペナルティ  未だに一筆書けという経営者は沢山います。

とか

少子対策、移民など、何でも良いので労働力不足改善

とか

企業が生産性を上げる、業績を上げやすいアシスト。

特に国際的に「せめて平等なルール」での輸出入

などなど。。

企業側が雇用関連で無理をしなくてもやっていける環境を作れるような政策

そういったやつお願いしますm(__)mm(__)m

DUO 安達

2018/02/22
釣り人口を増やすためには・・2

お疲れ様です。

前号の続き。。

「釣り人口を増やすためには。。」

前号で 「稼ぎ」が重要と書きましたが

今の日本で釣りの「プロ」として世間が羨む程稼ぐ。。

プロ活動の賞金のみでは100%不可能。。 公表はされていませんが確実に無理

メーカーと契約して契約金やロイヤリティで稼ぐか

プロ活動、メディア露出後、メーカーを起業する運びが主流。

でもそれって純粋な「釣りのプロ」じゃないですよね(^_^;)

勿論、20代、30代の若者の起業も業界的には大事ですが

   下積み10年、キャラクター、カリスマ性、人脈、経営スキル、運

恐らく上記の要素の4つ以上持ってないと成功しませんし

今からの若い子は耐えれないでしょう。。

・・・

以下、妄想(笑)

実力さえあれば若くても下積みだの起業だのしなくても稼げるプロの世界

国内だと必然的にバス系のトーナメントになってしまいますが

TOPカテゴリー50人、シーズン5戦で賞金総額1億円以上、出来れば2億円以上

それくらいあれば10人くらいは賞金だけで稼げる?かもしれない。。

妄想終わり

・・・

関係者がみたら「無い無いwww」と言われると思いますが

同じレジャーで比較すると

  市場規模が2600億円(出荷ベース)小売りベース3500億?の 「国内ゴルフ市場」。。

  賞金総額は男女で年間70億円(USAツアーは4億ドル・・約430億円)

ちなみに釣り具産業は小売りベースで2000億円の市場規模(ピーク時は97年3400億円)

全てがBASS関連ではありませんが、25%としても500億、20%で400億円

少なく見積もってもゴルフの比率なら5億円から10億円の賞金総額があっても

理論上、有り得なくはない(-。-)y-゜゜゜

・・・

何でですか???

DUO 安達

PS;トーナメント無関係のお前が言うな!と言われると思いますが、無関係だから考察出来る場合もある
  という事でご容赦下さいm(__)m

2018/02/20
釣り人口を増やすためには・・1

お疲れ様です。

寒いですねぇ。。。

・・

釣り人口を増やすためには。。

各業界団体、各メーカーも色々試行錯誤していますが

軸となるのは「若者達の参入」

まあ、当然ですよね^^

業界としては釣り人口の増加 = 市場規模の拡大 = 売り上げ(利益)増

なわけですから、輸出事業はさておき、少子化が進む日本においては

他のレジャーとパイの取り合い

絶対最優先必須マスト項目

・・・

ではどうやったら多くの若者を「釣り」に誘い込めるのか?。。

まず趣味として親しみを持ってもらう事。。

これは業界団体も色んなイベントを通じてやっていますし

メディア、各メーカー、小売業者様単位でも同様にやっています。

聞こえも良いですし、やりがいも有る^^

普通に良い事で、DUO社も微力ながら頑張っています。

ただ。。それ以外には新規で若者たちを取り込む手立てはあまり無いのも現実。。

芸能人、釣りガール作戦も良いとは思いますが限界はありますから

結局、この業界、天候と釣れ行き(魚の量)頼みになってしまいます。

・・・

釣れ行き(魚の量)、釣り場解放の類の話はまたの機会に書きますが

上記以外で若者を取り込む方法。。

それは「プロへの憧れ」しかないと思っています。

ダサい表現になってはしまいますが

「カッコいい」とか「面白い」とか。。

プロへ憧れる為の「魅力」が必須

そしてプロとして認められる必要最低条件・・「稼ぎ(お金)」 スイマセン、これが言いたかっただけです(笑)

これが無いと何ともならないですね(-。-)y-゜゜゜

・・・

お金の話。。

一部業界関係者には「そういった事は書かない方が良いんじゃないか?」的な事をたまに言われます。

又、「それ系の話は業績のアピールですか?」といった事も言われます(^_^;)

「プロ」の稼ぎ話がタブーなら

世間は「プロ」と認めませんし

業績の話をするなら決算書晒しますよ(^_^;) たいして良くはないですが・・

・・・

「プロ」と言われる層が「プロ活動」で稼げない?ようでは

若者の参入は単なる「趣味」としての自然増を超えれませんし

自然増では人口減少と同じペースで釣り人口は減ります。

文化、市場規模がけた違いの米国と比べるのも何ですが、

アメリカのバスプロは滅多にメーカー起ち上げません。

プロ活動(試合、宣伝など)の対価で十分稼げるし

手間のかかるメーカーなどやらずに 

プロ活動に集中したほうが結果的にプラスと理解しているからです。

・・・

続く

DUO 安達

2018/02/13
働き方改革

お疲れ様です。

竣工式も無事終わり、引っ越しも残すところ成形機類の移設でほぼ終了。。

3月の名古屋、西日本Fショーまでしばらく落ち着く予感ですが本日、

たまに観るBSフジの「プライムニュース」にデービット・アトキンソン氏が出ていました。

テーマは「働き方改革」

自民からは橋本衆議院議員(元厚生労働副大臣)

立憲から長妻衆議院議員(元厚生労働大臣)

観ての通り、お二人とも厚生労働畑の議員なのですが

橋本氏は賢ぶった解りにくい説明 あの調子では多分そんなに賢くは無いw

長妻氏はお得意の極端な事例、都合の良い事例を挙げての揚げ足取り。。 TVに出るたびにこのパターン

アトキンソン氏が出ていたので何とか最後まで見ようと思ったのですが

結局、一時間で見る価値なしと判断。。

ちなみに

番組の途中、両議員がブツブツ働き方改革の中身、意義について議論していたのですが

アトキンソン氏  「そもそも社員の給料を上げる努力をするのは経営者として当然の事、
日本の経営者はこの25年間、生産性(給料)を上げる努力をしてこなかった!」 流石に良い事言いますよ(-。-)y-゜゜゜
  *解説;GDPが上がってないからそう言われても仕方がない

両氏沈黙

・・・

又、

「高度プロフェッショナル制度」・・・高度な能力を持った人材(年収1075万以上)の人材には労働時間ではなく、
成果で賃金を決めた方が良いよ的な制度

の議論を橋本、長妻両氏が軽くジャブを繰り出しながら議論していたのですが

デービット氏の

そもそも年収1075万円、私の以前働いていた会社では初任給ですよ。。
  *備考;日本人の年収や1人当たりのGDPは言う程高くは無い

両氏沈黙

・・・

まあ、あれです。。

各国家ごとに色々な事情、ロケーションが有る訳で (資源の有る無しとか地理的リスクとか)

一概に海外基準、特に米英のホワイトカラー基準で語るのも無理な話な訳ですが

無数にある仕事の中で特定の職種に高度プロナンチャラ制度作ったり

ひたすら政府が賃金上げろって言っても

企業によっては財務的に払えないものは払えないし

年収1075万以下の人材でも高度プロフェッショナルな人は沢山いる訳で

何か決めたい、聞こえの良い政策を作りたい気持ちも解りますが

その前に

現状の制度に違反した企業

例えばサービス残業を無くしたいなら

違反企業がビビるくらいのペナルティー課すとかしたほうが違反は減る訳で

それが出来ないなら

そういった制度は無意味ですから全て無くし

労働者も雇用者も好きにやった方が良いのではないでしょうか??

と、僕は思っています。

・・・・・

今現在、単純労働でさえも人材は不足中

企業側は優秀な人材を得たかったら条件を出せば良いだけだし

優秀な人材はより良い条件、環境で働けば良いだけ

沢山稼ぎたいなら沢山働けば良いだけだし

そこそこで良いなら「そこそこ」働けば良いだけ

よろしくないのは

たいして貢献してないのに条件、給料ばかり主張する人

業績に貢献しているのにゴチャゴチャ理由つけて、なるべく払いたくない、払わない経営者

・・・・・

そろそろ平均賃金の公表、止めた方が良いのではないでしょうか??

これが賃金上昇のブレーキになっていると思うのですが、どうなんでしょうか?

続く

DUO 安達

DUO
DUO

〒425-0066 静岡県焼津市大島1783-1
Tel.054-623-7700 | Fax.054-623-7711
http://www.duo-inc.co.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中