THE KEEP CAST ザ キープキャスト

2021/07/20
初夏のスモールマウスバス攻略

 こんにちは、H・A・Lフィールドモニターの澤田です。

 717-18日の二日間、スモールマウスバスを狙いに、福島県は桧原湖に行ってまいりました。

 

 関東も梅雨明けしたばかりのため、

標高約800mに位置する桧原湖は、まだ多少寒い雨の中での釣りになるかな?との予想は見事に裏切られました。

 

 熱中症になりかねないような晴天無風の状況が殆どで、一気に気温が上がったせいか、いろんなところに魚が散ってしまって食い気も中々立たないようで、私にとっては非常に難しい状況でした。

釣果は二日間共に、何とか二桁釣れた程度です。

 

 

 そんな中なので、基本的にはソフトベイトを用いたスローな釣りが軸となった二日間でしたが、やはり朝一番と、風が吹いている状況になれば、ハードプラグでアグレッシブに誘いをかけていく釣りも成立できました。

 

 一つは、飛豚ポッパー。

 

 エビ食いの魚を狙う時に使いました。

 飛豚ポッパーは円形カップ形状をしているので、ロッドを強く煽れば、ボコン!と音を強調したり、軽くたたけば飛沫を飛ばしたり、と、ロッドワークで色々なアプローチができる秀逸なルアーです。

 今回は、エビを模すように仕向けたので、飛沫を前に軽く飛ばして、5秒ポーズ、といった使い方で、バイトを誘発することができました。

 カラーは、少し透け感が出ているのが宜しいかと感じております。

 

 

 もう一つは、月虫55

 

 岬周りの水深10m以上あるトップで突然始まるボイル。

そこにウェイト無のソフトベイトを投げてみると、見に来るけど口を使ってくれない。横に引いてもついてこない。

 そんな状況で、月虫55MDを投入です。

 基本的には、リーリングはせず、キャストして数秒放置してから、2トゥイッチして数秒浮かせるフローティングメソッド。

 これを繰り返しますと、ドンっ!と。

 かなり大きい個体もボイルしていたのですが、この日はちょっと小ぶりな魚だけが数匹、月虫と遊んでくれました。

 

 

 そんなわけで、夏になりつつある桧原湖。

 要所でH・A・Lルアーを投入して楽しめますよー!

 

 

2021/07/09
【ニコデザインオフィス/豆さやジグ】ショアジギングゲームでマゴチや〇〇!

こんにちは。

新潟の加藤です。

全国的に梅雨空ですね…

 

こちら新潟は湿度が高くて不快な日が多いんですよ?ジャケットがペタペタしたり?

それでも日本海の天気は穏やかで恵まれていまして朝マズメインに

通っています。?

 

今回はオフショアジギングで青物・マダイ・根魚を釣りまくった【豆さやジグ200g】の軽量型【豆さやジグ40g】を中心にサーフからショアジギングを楽しんできました。

選んだポイントは細かな砂地が広がりつつ沖にリーフが入った潮通しの良いエリアで、ベイトのイワシ、

コノシロ(デカイ?)、トビウオが入り込み、それらのベイトを追った青物や根魚が入ってきます。

タックルは9.6ft Mクラスのロッドに3000番のリール、PE1号200m、リーダー6号のセッティング。

 

豆さやジグのラインナップはコチラ(他カラー多数、ウエイト40gの他60g.80g100g…)

 

(すべて40g)

上から前後にアシストフックを装着。巻きパターン、フォールパターンを探るスタンダードセッティング。

 

2番目が後方のみトリプルフック装着。コチラはとにかく飛距離を稼ぎたい時のセッティング。

 

3番目が飛距離を稼ぎつつ、フォール時間を稼ぎたい時のセッティング。

 

最後はレンジコントロールしつつ、ダラダラただ巻きする時のセッティングです。

 

同じウエイトでも探り方でセッティングが変わってきます。セッティング次第で釣果に差が出るので楽しんでみてください。

迷ったらスタンダードセッティングをオススメします。

 

釣行日はベイトのモジリや小規模なナブラが起こり雰囲気◎

マズは表層から探っていきダツがご挨拶(苦笑

ポツポツとアタリが出るもノラないバイトが多いのでダツだと判断し中層からボトム付近を探ると

ガンガン!と頭を振る激しいアタリが伝わって来た夏の主役"マゴチ"

やはりベイトの回遊があると魚の反応も早いです。

"豆さやジグ"をキャストしボトムを取ってる間にヒット!正に一撃?

その後、扇状にキャストし探っていくと駆け上がりを発見!

教科書通り、良いポイントには魚がいてガンガンバイトが?

正体は

.

.

.

 

エソ(笑笑

 

正直、オフショアの魚と思っていたのがショアから釣れて驚きです。

それも連発?どうもエソは豆さやジグが大好きな様子でガリガリゴリゴリと(笑

 

その後、アタリが遠のき静かになり始めたら"イシモチ"連発?

もう日本海が豊か過ぎて(笑

 

とにかく朝から昼前まで豆さやジグのみで楽しく遊べました。

 

豆さやジグはショアから1番重要な"飛距離"を出せる細身。

そしてキャスト後、最後まで距離がノビるセンターバランス(ココが重要です)設計。

又、シャクった時に引き重りが少なくアクションをつけられるので長時間の釣行でも疲れません。

 

"巻いて釣れる"

 

"沈めて釣れる"

 

そんなショア&オフショアで活躍できる【ニコデザインオフィス/豆さやジグ】

とってもオススメです?

 

2021/06/21
ひぶぺん&ひぶぺん mini、面白いですよ!

H・A・L フィールドスタッフの重田です!

 

 

『AREA TOPWATER』、楽しんでますでしょうか?

未体験の方は、この梅雨時期から始めてみましょう(笑)

 

トップウォーターの釣りは、イロイロな魚種でありますが。。

もちろん、管理釣り場の釣りでもちゃんと通用しますよ!

 

レインボーをはじめ、イトウやブラウンなどほとんど狙えます!

 

 

唯一、やや狙いづらいのはイワナ系ですね!

イワナもジャガーもブルックも、ヒット率は低いです。

 

まず、単純にポンド内の個体数が少ないことがありますが、

積極的に動かしていく狙い方ですとバイトミスが多いです!

 

テレストリアルを意識したような、

あまり積極的に動かさない狙い方ですと狙いやすいですかね!

 

 

イトウは意外かもですが、けっこうアグレッシブにきますよ!

シャロー帯や障害物周りなど、丁寧に狙ってみましょう。

 

レインボーは速い狙い方もスローな狙い方もOKです!

 

ブラウンは、ポーズがあった方がいい場面も多いですかね!

各ハイブリット個体は、それぞれの特性が個体差ででます。

 

エキサイティングな水面炸裂を楽しんでみてください!

 

 

TACLE

ROD:Rhyzmo Ryz-C511L

REEL:アルファス SV 105SHL

LINE:キャストアウェイ 16lb+リーダー10LB

Landing Net:Rhyzmo・ラバーランディングネット

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

2021/06/11
豆さやジグでシェンロン級!?指9本のタチウオキャッチ!

 こんにちは!H.A.Lファミリーのなおちんですうさぎ

 

6月初旬に東京湾のこうゆう丸さんにお世話になって久々のタチウオジギングに行ってきました。

 

水深は50m以下と夏タチモード!?個人的に浅場の方が好きなので楽しみだったのですが、最近の釣果の方はいまひとつでボウズも出てしまうほどの厳しい状況なんだとか。

 

 まずは、観音崎沖からスタート!水深50m前後の少し浮いた反応との事で、まずは【ニコデザインオフィス 豆さやジグ 125g なおちんぎょオリカラの愛とお金(赤金)】から。

 

なんと!開始1投目からフォール中にアタリがありました。1本目はメーター弱のアベレージサイズのタチウオが釣れてくれました流れ星

 

しかし、私は運よく釣れたものの周りで釣れている気配がないので、やっぱり今日もシブい状況なのかもしてません。

 

シブい時はあまりアクションを入れずただ巻きが有効な時があるので、ただ巻きメインで、たまに食わせの間を入れたりしているとまた直ぐにアタリがありましたが、上手くフッキングしてくれませんでした。

 

こんな時はシルエットを極力小さくするのも手なので思い切って80gまでジグウェイトを落としてみました。(今回は仕立て船の為軽いウェイトを使いましたが、オマツリの原因にもなるので周りへの配慮や確認をお願いします)

 

アクションは先ほどと同じただ巻きをしているとジグチェンジ1投目からズドン!と大きなアタリがありました。

 

キツく閉めたはずのドラグも出るしただ者じゃない予感!?

 

なんと!!!私の指で9本の巨大タチウオをキャッチする事ができました。

 

しっかりしたメジャーを持っていなかったのですが、クーラーボックスの40cmメジャーでだいたいで測ったら130cmは余裕で超えていましたキラキラ

 

 

ヒットルアーは【ニコデザインオフィス 豆さやジグ 80g赤金】

久々の大型タチウオ嬉しかった~ラブ

 

その後も同じアクションで2本追加し、この日は終了。

 

 

今回はアジとタチウオのリレー船でしたのでタチウオは短時間でしたがかなり楽しめました。

最近ハマっているただ巻きメソット。ぜひお試しあれニコニコ

 

          チューリップピンクなおちんチューリップピンク

 

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

2021/06/09
Lapse 73S AREA、レインボーも狙えます!

H・A・L フィールドスタッフの重田です!

 

 

ハルシオンシステム Lapse 73S AREA、面白いですよ~!

 

様々なコントロールができるようになると、

ミノー・シャッドで全ての魚種が狙えるようになってきます!

 

Lapse 73S AREAは中層から上の攻略に向いていますが、

イワナ系・ブラウン系はもちろん、レインボーもOKです!

 

 

管理釣り場のレインボートラウトは、

速い動きに食ってこないイメージがあるかもしれませんが。。

 

ちゃんと狙えば、普通に豪快なバイトしてきて面白いです!

でも、難しいトコロがあるのもレインボーの魅力です。

 

レインボートラウトもいくつか種類がありますが、

サイズ関係なくコンディションのいい個体がいいバイトですね!

 

 

イワナ系とブラウン系が楽しく釣れるようになったら、

ぜひレインボー狙いも楽しんでみてください!

 

なんといっても、世界を魅了するファイターですからね。。

ジャンプなどファイトもすごいので面白いです!

 

AREAでも数は多いですし、大型個体もいるターゲトですから、

チャンスがあれば攻略できるテクニックがあると有利です!

 

 

肝心のレインボートラウトの狙い方ですが。。

Lapse 73S AREAは、普通に狙っていただければOKです!

 

ただし、ちゃんとダートができるように練習してくださいね!

 

やっぱり、有効アクションが出せるようになっていないと、

狙って獲るのは難しいですし、再現性がないとつまらないです。

 

ただ釣るよりも、狙っていく面白さを楽しみましょう!!

 

 

TACLE

ROD:Rhyzmo Ryz-S62L/Ryz-S63ML

REEL:18 EXIST LT2500(SLPW EX LTスプール 2500S)

LINE:シューターFCスナイパー インビジブル 5~6lb

Landing Net:Rhyzmo・ラバーランディングネット

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ

H・A・L
H・A・L

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2-12-11
Tel.048-486-9767 | Fax.048-486-9768
http://www.halcyon.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中