THE KEEP CAST ザ キープキャスト

「FORM FOLLOWS EMOTION」 釣りの未来を拓くデザイン。

メガバスとアイティオーエンジニアリングはスポーツ用品カテゴリーのグッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞してきました。最終的には“釣果”という絶対の基準で評価される釣具ですが、そこに至る過程には美しさや精巧さ、考え抜かれた匠の技による感動があり、伊東由樹が培ってきた優れた意匠性と、メガバスファクトリーの高度な技術力は、実に数々の評価を受けてきました。そしてその評価を、アングラーと共に分かち合ってきました。
『Form Follows Emotion』。ただ魚を釣るだけでなく、使うことで感動を生み出すことができる道具。それがメガ バスプロダクトの原点であり、ブレない未来へのベクトルです。

2018/09/19
久しぶりの長崎での修行

こんにちは!

フィールドスタッフ・石井晃太です!

 

先日、katsuuさんと長崎県に行ってきました。

今回は長崎県のメジャーリバーとメジャーポンドの2つのフィールド。

 

僕達が訪れる少し前に豪雨に見舞われ、状況が悪化してしまいました。

地元のアングラーの情報では「もう少し前に来て欲しかった…」と言うくらい釣れていたそうです。

 

とは言うものの、気を取り直して、まずはメジャーリバーの以前行ったことのあるポイントをランガン。

 

水が以前訪れた時よりも悪い印象。でもベイトフィッシュは豊富!

上流域、中流域を探って行きましたが、他魚種からの反応はすごく良かったのですが、本命のバスからの反応は無し…。

本来であれば魚の出入りが多く、数匹のバスを目視で確認できるエリアでもバスの姿はありませんでした。

 

次は長崎県のメジャーポンドへ向かいました!

ポイントに到着すると台風が北上による影響で風が強くなるの中、釣り再開。

 

最初に目に入ってきたのは一面に広がるアオコ。

キャストするのを躊躇するくらいの緑色…。

それでも最高の1本を求めて、広いフィールドを丁寧にランガンしていきました!

 

時間的には夕マズメという時間。

パットが生えていて減水により水深はすごく浅いエリア。

シャローフラットでベイトフィッシュがライズしている状況。

いかにも釣れそうだなーという雰囲気。

ポッパー、高比重ワームを投げるが反応は無し。

 

 

シャッドテールが効く!と情報を得ていたのと浅いレンジをゆっくり巻けるルアーを考えていたのでスパークシャッド 4inchのノーシンカーを選択!

 

 

 

まずはkatsuuさんの現在テスト中のプロトルアーにヒット!

 

 

 

その直後に…石井にも…?

ゆっくりとテロテロとスパークシャッド 4inchを巻いていると引き波を立てていると、勢いよくバスの激しいバイト!

 

フルフッキングから、バレないように丁寧にランディングして!

 

ナイスな45クラスをキャッチ!

 

こういう夕マズメの最高の1本をキャッチ出来て、本当に嬉しかったです!

 

その後、名物の美味しいちゃんぽんをみんなで食べて(自分は皿うどん)この日は終了です。

 

 

2日目。

メジャーポンドに朝一番に向かう。

小さい魚は反応がありましたが、ビッグに出会うことは出来ませんでした。

 

移動の道中に温泉街があったので少し休憩。

 

温泉に入り→温泉卵を食べる→ラムネを飲み→ジェラートを食べる→ 最高。

 

 

リフレッシュできたところで、気を取り直し釣り場に戻ります!笑

 

その後、1日目にも行ったメジャーリバーを攻めるもバスからの反応はありませんでした…。

 

難しい状況のメジャーリバーとメジャーポンドでしたが、最高の1本も取れたし、温泉、グルメありの最高の釣り旅でした!

 

長崎!最高!

 

 

 

■ タックルデータ

ロッド:HYUGA 611MH

リール:IP79

ライン:DRAGONCALL MILD FLUORO16lb.

ルアー:SPARK SHAD 4inch (ノーシンカー)

2018/09/12
【New Wear】MEGABASS HYBRID HOODIE 新色登場

ハイブリッド2層構造により、防風・保温性を高めたゲームウェア、「メガバス・ハイブリッドフーディ」新色登場!!


https://www.megabass.co.jp/site/products/hybrid_hoodie/

 

2018/09/12
剛と柔を兼ね備えたロッド "VALKYRIE"

日没時間も徐々に短くなり、朝夕は流れる空気も秋の気配を時折感じることが増えてきました。

とはいえ、まだまだ日中は残暑厳しくアングラーにとっても魚にとってもタフな状況が続いていますね!

 

最近では今年の自身の釣りを振り返る機会もあり、冬や春の釣りを懐かしむ瞬間もすでに増えています。笑

そんな中、印象的な出来事の1つとして、春にふいに届いた3本のロッドが思い浮かびます。

 

そのロッドは、今年新たにリリースされた"VALKYRIE"です。

 

 

この"VALKYRIE"を使用し、自分の主戦場である陸っぱりメインに使い込んでいます。

 

 

【"VALKYRIE"とは】

まず監修は、琵琶湖ガイドとして活躍している杉村和哉プロ!!

この時点で、琵琶湖をメインに設計されたロッドという印象を誰もが持つことでしょう。

そのため、ひとつのキーワードとして『パワー』が浮かんでくると思います。

 

 

 

【"剛"と"柔"を兼ね備えた設計】

①琵琶湖のバスはとにかくトルクフル!!

だからロッドもトルクフル!!

琵琶湖に行ったことがある方なら経験があると思いますが、琵琶湖のバスはとにかくデカくて引きが強い!!

普段、野池を主戦場としている自分にとっては比べ物にならないファイトを味わうことができます。

そのため、不意に魚に突っ走られたりしても弾くことなく、しっかりバット部が支えてくれる"強さとしなやかさ"を兼ね備えたトルクフルなロッドが重宝されます。

 

②琵琶湖最大の『カバー』となるウィード

夏になるにつれて徐々に生い茂ってくるウィード。

このウィード攻略が琵琶湖において必須になります。

ルアーがウィードにスタックした時にウィードを切ったり、バスを掛けた時にウィードに潜られないor潜られても引きずり出せるロッドパワーが必要。

それを意識した設計となっているのがこのロッドの特徴の一つです。

 

 

【陸っぱりでの使用感】

自分のメインフィールドは琵琶湖やボートではなく、野池や山上湖での陸っぱり。

これを元に使用感をお伝えします。

まず、自分が使用しているのは、、、

 

・VKC-67ML

・VKC-66M+

・VKC-69M+

 

 

ベイトフィネスや巻物を中心とした3本のロッドです。

 

 

①VKC-67ML

 

陸っぱりにおいてこのロッドの使用頻度が最も高いと言っても過言ではないのが、このパワー重視のベイトフィネスロッド。

野池等でカバーを絡めた釣りを展開する上で欠かせない1本です。

 

 

6フィート7インチとレングスが長いため、飛距離を出したい時やレングスを活かしたアプローチを展開する時に使っています。

このロッド、何よりバッドのトルクが尋常じゃないほど強く、写真のようなカバー地帯でも強引なファイトの中、カバーから引きづり出してキャッチすることに成功しました。

 

※野池のMAXコンディションなバスを獲れたのは

自分の中でかなりの信頼感を得る経験となりました。

 

補足として、自分の愛刀であるNEWデストロイヤー F3-61Xとの使い分けは…

ショートピッチなど手数を増やしたい時や藪漕ぎなどした時の取り回し重視なシチュエーションで出番が多く、高弾性であるため近距離戦重視な場面で出番が多いです。

同じベイトフィネスでも対極な位置付けにあります。

使うルアーは共に似ており、トーナメントクローラーなどのソフトベイトをはじめ、シャディングXI × I シャッドなどの小型プラグを使っています。

 

 

 

②VKC-66M+

 

 

このロッドは主にジャークベイト専用機として使用中。

陸っぱり・ボートを問わず使いやすいレングスとなっています。

ジャークベイトのアクション動作もしやすく適しています。

春にはこのロッドにワンテンの組み合わせがハマりました!

 

 

取材でも、カバーが入り組む中ラフファイトのヒヤヒヤでしたが、バットパワーの強さでカバーに走られても引き止めることができ、釣れない時間帯が続く苦しい中、渾身の一発をキャッチすることができ助けてくれたことが鮮明に記憶として残っています。

 

 

他にも、DEEP-X100 LBOFLAPSLAP LBOなどの巻物も使いやすく、中・近距離戦の巻物全般で出番が多いです。

 

 

③VKC-69M+

 

最近では河口湖や西湖をはじめ、オープンエリアをメインとするフィールドで出番が多い1本。岸からブレイクまで距離がある場面、広範囲を手広くサーチしたい時など出番が多いです。

飛距離を稼いだ巻物ゲームを中心とする場面で重宝します。

 

 

 

【トータル的な使用感】

ロッド全体的にシャキッとした強さではなく、モチモチっとした感触で『瞬時に掛ける<フックを食い込ませていく』といった感触です。

また、バッドパワーが非常に粘り強くトルクフルで、琵琶湖の魚に合わせて作られているだけあるなと特に感じます。

そしてバーサタイル性能も兼ね備えており、陸っぱりで本数が制限される状況下で重宝できるのが数ヶ月使用した実感としてあります。

 

 

これから巻き物アイテムが強くなる秋・冬シーズン特に重宝しそうな3本

ガンガン使っていきたいと思います!

 

 

◆タックルデータ◆

ROD : VKC-67ML

LURE : SHADING-XTOURNAMENT CRAWLER 5.5inchI x I SHAD

LINE : フロロカーボン8lb・10lb

 

 

ROD : VKC-66M+

LURE : ONETEN LBO

LINE : フロロカーボン12lb

 

 

ROD : VKC-69M+

LURE : X-120

LINE : ナイロン16lb

 

2018/09/07
【The FISHING TIME】釣りたければやり切ること!鬼の塾長・佐藤信治流 BIG-M

ハードルアー&ベイトタックルにこだわり、琵琶湖をベースに活躍するサトシンこと佐藤信治さん。その信念と独自の理論で幾多のビッグバスを仕留めてきたことは誰もが知るところだ。MPSフィッシングロジック第2回の今回は、自らのプロデュースによるマグナムクランク・ビッグM4.0について塾長・サトシンが直接指南する。

 

https://www.megabass.co.jp/site/engineer/mps_fishing_logic_vol02/

 

 

2018/09/06
【動画公開】I x I = 究極解。「I x I SHAD TYPE-R」アクション動画公開

 

 

 

 

I x I SHAD TYPE-R

Length : 57.0mm

Weight : 1/4oz.

Type : Slow Floating

 

I×Iシャッドのシークレットウエポン。

水深1mのシャローレンジをキープ、広く手早くサーチしながら着実にバイトを釣果に変えていくハイピッチ・ハイスタビリティSHAD。確かなリトリーブ抵抗感をもたらす、エッジがきわ立つ新次元のハイピッチ・スクリューロールアクションは、霞ヶ浦など広大なフラットレイク等で、「前転倒立姿勢」による明確なボトムタッチングを実現。ストラクチャーやボトム接触時のバイトチャンスを格段に広げている。

超速明滅による高い訴求力でタフなクレバーフィッシュを果敢に引き出すチカラは、新次元のSHADパフォーマンスといえよう。

 

※動画中のI x I SHAD TYPE-Rはプロトです。

Megabass Inc.
Megabass Inc.

〒431-3115 静岡県浜松市東区西ヶ崎町1590-1
Tel.0534310777 | Fax.0534310778
http://www.megabass.com/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中