THE KEEP CAST ザ キープキャスト

News

キープフィールドプロジェクト

CATEGORY カテゴリ

NEW POST 最新記事

CALENDAR カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

今回もザ・キープキャスト開催される会場で我々のフィールドを守る為の放流支援活動、
キープフィールドプロジェクトの募金活動をさせていただきます。

 

今年はキープフィールドプロジェクトを分かりやすく4コマ漫画にしてみました。

ぜひご参加いただけたらと思います。

 



 

キープフィールドプロジェクト~キープバンド募金とは~

 

我々のフィールドである釣り場が近年減少傾向にあります。

そのため少ないフィールドにアングラーが集中し、フィッシングプレッシャーなどで魚も減少傾向にあります。

 

そんな現状を目の当たりにし、

キープキャストでもが何か出来ないのか?
いや「キープキャストであればできること」はないだろうか?

 

試行錯誤の末たどり着いた案はアングラー自身がフィールドを守る為に放流事業を支援するというプランです。

それがキープフィールドプロジェクトです。

 

まずは我々の地元、海津漁業組合さんのご理解とご協力のもとにこのプロジェクトがスタートします。

 

キープキャスト会場において500円募金をしてくれたアングラーにその場でKEEPCAST KEEPFIELDと書かれたシリコン製バンド「キープバンド」をお渡しします。

 




今年は、「キープバンド」に加え「缶バッジ」どちらかを選んでいただける様にいたしました。


キープキャストの収益金よりキープバンドや缶バッジは制作いたしますので、募金していただいた金額500円は、全額が放流資金となります。
そして集まった募金で、マブナなどを買い漁協さんに寄付させていただき河川に放流します。

海津漁協さんからの資料をもとに計算すると500円の募金でおおよそマブナ15匹くらい購入出来ることになります。

簡単に言えば、「キープバンド募金で、マブナ約15匹が大江川・五三川などに放流され、フィールドに魚が増える」ことになります。

 

アングラーさんが放流事業に参加する。
『キープフィールドプロジェクト』
それが魚を守ることになり、釣り場も守り、楽しい釣りが次の世代に繋がればと考えています。

 


 

皆様のご理解とご協力をいただき、これまで多くの放流ができました。

海津漁協組合の方々、養老漁協組合の方々も非常に喜んでおられました。

 

この活動を引き続きこれからも行いますので

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。