THE KEEP CAST ザ キープキャスト

紀伊半島インディーズメーカーGRAYZ  のんびり、じっくりとええモン作って行きます。

リザーバー大国である紀伊半島。
各地域に居座るトップローカルアングラーと共にグレイズ・ワームシリーズはプロダクトされました。
クリアウォーターが多い日本のリザーバーに対し導き出した答えが、今や古の手法となったハンドポワード成型。
恐らく日本一カラーリングにこだわるであろうこの地域のコアなりクエストに合わせ、絶妙のカラーリングが可能なこの成型方法を採用致しました。
日本のフィールドに最も合ったローカルシークレットを再現できる最高の手法。
超タフコンディションでも圧倒的な釣果をもたらします。

2019/03/08
名古屋キープキャスト!!
さてさて明日からいよいよ名古屋キープキャストですねぇ!!!

そしてなんとグレイズも初出展と言うことでお待ちしています(*^^*)




そして目玉はなんと言ってもキープキャスト限定品ですよね!!

グレイズはジョルトキープキャストオリジナルカラーをご用意しております!!





しかーーし!!数が数だけに少ないので以下の方法で手に入れてください!!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

キープキャスト限定ジョルトが仕上がってきました。
キープキャストでは1日当たり10個しか販売できません。
そこで、ジョルト購入権が当たるGRAYZクジをやります。
一回300円で(希望者が多い場合は1人一回)
A賞ジョルト購入権(2700円お支払いください)
B賞メイプルデプサー5本入り
クジ自体も1日100本限定です。

by営業部
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最悪外れてもメイプルがお値打ち価格で手に入るっちゅー感じです(笑)




土日はそれぞれグレイズプロスタッフが居てるので質問なんかあったら声かけて見てください(*^^*)

僕は日曜日に居てるかなと思います(*^^*)





2019/03/03
ホーネットスティンガープラスHSPC-651M-FM MGS解説動画


ホーネットスティンガープラスHSPC-651M-FM MGSの解説動画です。



HSPC-651M-FM MGSはシリーズ唯一のグラスロッドですね。

グラスロッドのメリットなんかも解説しています(*^^*)

花粉症で鼻水ススル音がお見苦しいですが見てください(笑)

2019/02/08
ホーネットスティンガープラスHSPC-661M MGS解説動画

今回はアブガルシア・ホーネットスティンガープラスのベイトキャスティングシリーズの中でも随一のテクニカルバーサタイルロッドであるHSPC-661M MGSの解説動画です。




コイツは個人的にも大好きな扱いやすいロッドで僕は殆どのボートから降ろすことは無いですね(*^^*)
2019/02/08
ホーネットスティンガープラス HSPC-671LS?【ONIWAKA-Ds】解説動画


アブガルシア・ホーネットスティンガープラスHSPC-671LS 【ONIWAKA-Ds "ONIWAKA"】俗称 "鬼若"と言われるワタクシプロデュースロッドの解説動画をアップしました。





コイツはリザーバーなどタフコンフィールドで非常に使用頻度の高い【ライトキャロ】専用のロッドとなります。

たぶんこれを狙ったロッドって非常に少なくとても実験的な意味合いがあるオモロイロッドかなと思います。




2019/02/08
リューギ・ディープトレーサーのインプレとさらにジョルトとどうなのよ?(笑)


さっそく手に入れました!

噂のリューギ・ディープトレーサー!!





ついでにタイニークラッシュも補充(笑)


そして我慢出来ずにさっそく野池で試し投げ(笑)

色んな方々がジョルトが絶対に合ってるとエライ言うてくれるので、もう気になって気になって(笑)

そんでまぁやっぱスゲーなコレ(笑)

よく考えて作られてる。

ウッディーエエ仕事したね(*^^*)



まず特筆すべきは障害物回避能力。
障害物にロアアームのウエイトが先にヒットして基本的にアッパーアームにつなげられたルアー(フック)は障害物から遠く離れた位置にあって回避する。
もうね単純に引っ掛かりませんわコレは(笑)
そしてフッキングも抜群に良いと思う。




そんで一番感心したのが収まりと言いますか、コレはルアーを繋げて初めてワカル事なんやけどリグ自体に違和感が無いと言いますか・・・。
ワイヤーの存在感が水につけるとビックリするくらいに無い(笑)
自然にフッとこのリグに入り込んで違和感無く使える。



そして個人的にも気になってたジョルトとの相性やけど・・・まだ魚釣ってないので【動きのみ】と前置きした上で言いますが・・・



おそらく抜群に良い(笑)



ぶっちゃけ僕は皆さんが言ってくれてるよりはけっこう懐疑的(否定的)な目で見てて、ジョルトなんて浮力高くて水に沈めたらピンコ立ち姿勢で泳いでしてまうやんけと・・・

ところが巻けばすぐに定位置の姿勢になって相当デッドスローでも姿勢をキープする。






恐らくなんやけどディープトレーサーにはリップがデカくて基本姿勢が平行姿勢のルアーが相性良いと思う。
前面投影面積が大きい方が平行姿勢に向けてのレスポンスが良いんやろね。


こんな形でルアーを沈め、さらに姿勢を意識して泳がせた事なんてルアーの設計上経験無いので、これは予想外で勉強になりました(笑)





そしてジョルトはやっぱスゲー動く。
元々開発時にブログにも書いてたんやけど琵琶湖でウィード引っ掛かっても泳ぐくらいに設計しとるので前のワイヤーごと揺らして泳いでくれとる。

これだけディープでブリブリ強烈に動くルアーって無いからどんな反応してくれるのか楽しみやね。




GLAYZ
GLAYZ

〒651-1421 兵庫県西宮市山口町上山口2-18-25
Tel.0785958687 | Fax.0785958687
http://grayz.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中

2016 出展メーカー様向けの 説明会と小間割抽選会 の会場を
〈伊藤光学工業〉ブース情報