THE KEEP CAST ザ キープキャスト

キープキャスト2017開催決定!

すべてはフィールドから始まる

"製品開発におけるポリシーはフィールドでの実釣からコンセプトを得ること"
我々のプロダクトはフィールドとファクトリーという2つの現場に立つことでしか実現できない真の道具として自信を持って送り出されます。
社名である「つり人共和国」の名の通り、ルアーフィッシングの振興を高め、ゲームフィッシングを通じて学ぶことができる自然の大切さがアングラーの交流で深まることを信じています。

2017/03/21
ショアジギングを始めてみよう VOL.5/2017.3.21

今回は魚とのファイトついて書いてみます。
ここでは回遊魚をメーンターゲットとしているので、回遊魚とのやりとりを中心に説明しましょう。

ターゲットがジグにバイトすると、多くの場合はロッドを持つ手に衝撃が伝わります。
特に速い動きで誘っている時ほど強い衝撃になります。
逆にゆっくりとしたアクションの際に出るバイトでは泳力が高い回遊魚であっても“カンカンッ”といったような信号が伝わることが多くなります。
いずれの場合でも、バイトを感じたらしっかりとアワセを入れることが必須です。
ファイト中にバラしてしまうのはフックのバーブを超えてハリが貫通してないことに起因することが多いからです。
ちなみにアワセを効かせるロッドの使い方はイラストの通りです。
キャスト編でも書いたように、ロッドはバットに近いほど強い力を発揮します。
バットを効かせられればフックもしっかりと貫通します。
これは同時に過度な負荷をロッドティップに掛けないことにもつながります。

 

170321_3_21illust1.png

 

 

フッキングがばっちり決まったら、いよいよ魚との駆け引きが始まります。
回遊魚、こと青物のファイトは、想像以上の引きを見せます。
とはいえ使用しているメインラインの強度範囲で対応できるサイズの魚に対して慎重過ぎるやりとりはかえってバラしの元になります。
フッキングが決まって、リールを巻く手を止めずに済む相手の場合は、そのまま同じ程度のテンションを掛けながら寄せてしまうほうがキャッチできる確率は高くなります。
というのも、アングラー側に引かれる魚の多くは、そのテンションが掛かっている方向とは逆に泳ごうとします。
一瞬のスキを見て魚が沖を向く(アングラーと反対側に頭を向ける)と、小型のターゲットであっても手こずるほど走ります。
そうなると魚のコントロールは難しくなります。
寄せられると判断したら、やや強引かなと思うくらいに寄せてくることを基本としています。
もちろんあまりにも強すぎる寄せ方ではハリ穴を広げたり、サワラなど口の弱い魚では口切れを誘発したりするのでほどほどです。
魚の頭が自分に向いていればOKです。

ちなみに実釣時の様々な条件によっても、ファイトにどれほど時間を掛けられるかが変わります。
その条件とは地形やフィールドに出ている人の多さなどです。

地形は主にカケ上がりの有無や沈み根の存在などです。
一見すると障害物がないサーフであっても、地形次第では強引を要求される時もあれば、じっくりとファイトする時もあります。
遠浅なサーフで、かつ周囲にアングラーが少ない場合はじっくりと魚を疲れさせるのもアリです。
逆に急激なカケ上がりがあるサーフでは、ある程度強引に寄せてくることで、カケ上がりにラインが擦られることを防ぎます。
沈み根が存在するフィールドで釣りをしている場合も、同様に強引なファイトで魚をコントロールすることがキャッチに繋がります。

 

170321_3_21illust2.png

 

 

なお、回遊魚狙いの場合その回遊が見られるタイミングや時合いの長さは、フィールドによってある程度の傾向が見られます。
それゆえ同じポイントに多くのアングラーが集中することも少なくありません。
このような状況が想定できる時は、ターゲットのサイズに対してやや強めのタックルバランスを組んでスムーズにランディングに移れるようにしています。
これは同時に時合いが短い場合でも多くのヒットチャンス作り出すことに繋がります。

 

急深なエリアでのファイト。常に魚の頭をアングラー側に向けておけば、コントロールができる。

 

2017/03/13
ショアジギングを始めてみよう VOL.4/2017.3.13

今回はジグのアクションについて書いていきます。

ジグの構造は比較的シンプルなのですが、それゆえにアングラーが積極的に操作することで様々な表現が可能なルアーです。
ジグをどのようにアピールするかは、基本的にはジグそのものが持つ泳ぎを引き出すことと、アングラーがロッドワークやリーリング等によってジグを動かしていく2つの方法を組み合わせることで行います。
とはいっても、あまりにアクションを引き出すことばかりに意識がいくとアングラーの動きがギクシャクしてしまいがちです。
ここでは、ショアジギングを始めるにあたって、まずはおさえておきたい3つの方法をご紹介します。

 

まず1つ目は「タダ巻き」です。
キャスト後にジグを任意のレンジまで沈めたら、リーリングだけを行うというもの。
シンプルではあるのですが非常に効果的なメソッドです。
特に当歳魚を始めとしたやや若い個体がターゲットの場合は、この“スピード”が誘いの決め手になることも少なくありません。
ちなみにこれとは全く逆で、狡猾な大型魚のスイッチを入れたい場合などにも有効になることも覚えておいてください。

キャスト後、狙いのレンジまでジグを沈めたら、後はリールを巻いていくだけです。
リールを巻くスピードはできるだけ速いスピードを意識してください。
特殊なシーンを除いては、これだけでOKです。
巻いている時のロッドは、できるだけ低い位置で構えるほうがラクに操作ができる上に、ジグの浮き上がりを抑える効果があります。
ただし、激しい駆け上がりのフィールドを攻める時や、水面近くでジグをアピールしたい時などは竿を立ててジグの浮上を助けます。
ちなみにベイトの量が多すぎる時や、極端に浅いエリアに餌を追い込んでいる時、または常にプレッシャーを受けている魚を相手にする際には、速いジグの動きに反応しない時もあります。
このような時は一秒に2回リールを巻くくらいまで速度を落とす場合もあります。
先述した“特殊なシーン”とはこれにあたります。

 

2つ目は「ワンピッチジャーク」です。
ジャークとはやや大きめにロッドをシャクるアクションのことを指します。
ジャークという言葉を略してワンピッチとも呼ばれるのがこの方法。
具体的には任意のレンジまでジグを沈めたら、ロッドを大きめにシャクり、同時にリーリングを1回行うというものです。
水中のジグの動きのイメージは、「ビュッと移動→ジグが滑走~フォール→ビュッと移動→ジグが滑走~フォール」となります。
タダ巻きの時に比べるとジグの動きはメリハリがあり、一連の動きの中に滑走やフォールを織り込むことができます。
速い動きに興味を示したターゲットが、““滑走”や“フォール”の時にバイトするイメージです。
ジャーク1回にリーリング1回をベースに、リズムとジャークの幅を変えていき、当日のヒットパターンを探るようにします。
タダ巻きではジグを見切るような相手に対しても、イレギュラーなアクションを引き出せるワンピッチジャークは効果的です。

 

3つ目は「ジャカ巻き」です。
これはジャークの際にロッドを上下させるのに連動して、リーリングを入れる方法です。ワンピッチと異なる点は、ロッドが上がる時にも、下がる時にもリーリングを入れることです。
水中のジグのアクションは、常にスイムを伴いながら、首を左右に振るイメージです。
具体的にはロッドを上げる時に、リーリングを下げる方向で半回転。逆にロッドを下げる時に、リーリングを上げる方向で半回転。
これを繰り返します。船からのバーチカルジギングではロッドエンドの自由を得るために、肘下にロッドをエンドを持ってくることもありますが、ショアジギングの場合はロッド自体が長くなり、腕への負担も増すので脇下にホールドします。
どちらかというとタダ巻きの際にロッドを持つ手を動かすイメージですが、リールを巻くと同時に、竿を持つ手も回すイメージで行うとリズムが掴みやすいです。

リズムを上げれば派手なアピールが可能ですし、ジャークの幅やスピードを抑えれば、ジグが水に絡むようにアクションします。

 

 

bw_smelt_dax.jpg
ここまでジグのアクションについて書いてみましたが、実釣ではこれらの方法を組み合わせて使うこと多くなります。

 

例えば着底後はタダ巻きで見せて、次いでワンピッチで喰わせの間を作る、といった感じです。
水中のジグの動きがイメージできれば、それを追いかけるターゲットの動きもイメージしやすくなるはずです。
下に私が主力としているブギーウォークスメルトと、スメルトダックスの水中映像を挙げてみました。イメージを膨らませる参考にしてみてください。

スメルトのタダ巻きでのアクションです。

 

スメルトをワンピッチで操作した時のアクションです。

 

ダックスのタダ巻きでのアクションです。

 

ダックスをワンピッチで操作した時のアクションです。

2017/03/06
ショアジギングを始めてみよう VOL.3/2017.3.6

 

170305photo1.jpg

 

今回はキャスティングについて書いていきましょう。

ショアジギングに限らず、ルアーゲームにおけるキャスティングは非常に重要な要素ですが、こと飛距離を出すことに長けたジグを使ったゲームでは、その強みを活かしたキャスティングができるようになりたいものです。

キャストの際に私が気をつけていることはいくつかありますが、その中でも特に重要と考えているのが、“ロッド全体のパワーを使うこと”と“ジグを回転させないスムーズなキャスト”です。これができれば飛距離を安定して得ることができるからです。

まずはロッドのパワーに注目してみましょう。
ルアーをキャストする際にはロッドが曲がる必要があります。
曲がったロッドが復元する際の力を使うことでルアーは目的のポイントまで飛ぶことになります。
全く曲がらない棒でキャストすることを思い浮かべてみてもらえればイメージできると思いますが、全く曲がらないロッドではルアーは飛ばないのです。
この曲がりを作るための動作がキャスティングともいえるのです。
ロッドブランクはティップが細く、バットにかけて太くなります。
ブランクが備えるパワーは通常バット方向にかけて増えていくのが一般的です。
ということは、バットをいかに曲げるかが重要ということがお分かりいただけると思います。
いくつかあるキャスト方法の中でも、タラシを長めにとったペンデュラムキャストは比較的ロッドパワーを引き出しやすい方法といえます。
まずはこのキャストから入ることをおすすめします。

具体的には、キャスト前のタラシの長さをバットガイド~リール位置の間にくるようにとり、振り子の要領でジグを後ろに移動させつつ振りかぶります。
ジグが自身の後ろ、イメージとしては円弧の最遠部に達したタイミングでキャストに移ります。
バックのスペースは広く必要になりますが、色々なフィールドで使うことができる応用範囲の広いキャスト方法です。
コツはジグを後ろに振る際にジグの位置を意識することです。
なお、キャストに際しては十分に周囲の安全に配慮してください。

 

 

170305illust1.png

ロッドを振り抜く軌道の延長線上にジグがあれば、パワーをロスすることなく伝えることができます。

 

次に飛行中のジグの回転について見てみましょう。
ジグの飛行姿勢はテールを先頭にブレないことが理想です。
ジグが回転した場合と、そうでない場合とでは30%ほど飛距離に差がでます。
ジグが回ってしまう時はキャストモーションのどこかに不要な力が加わった場合に起きることが多いように感じます。
キャスティング一連で見ると、後ろに振ったジグの高さが合わないままキャストに移った時や、タラシを短くしてティップセクションだけのモーションでキャストした際に多く発生します。
先述したペンデュラムキャストの中では、特に後ろに移動するジグの高さに注意してみてください。
ジグの位置が上でも下でも、振り切る際に一瞬の間をおいて力が加わります。
これがジグの挙動を乱す原因の1つとなり結果ジグが回転しやすくなります。

 

ちなみにショアジギングにおいても、キャスティングのアキュラシー(正確さ)が求められる場面もあります。
ナブラが出ている時や、沈み根などをピンポイントで撃つ場合がそれです。
いずれも飛距離に加えて、狙ったポイントにジグを届ける必要があります。
アキュラシーに関してはタラシが短いほうが有利になりますが、ペンデュラムキャストにおいてもスムーズにキャストができるころには精度も上がっているものです。
飛距離が安定してきたらアキュラシーを意識したキャスティングをしてみてください。
飛距離&高い正確さが得られれば強い武器になります。

2017/02/27
ショアジギングを始めてみよう VOL.2/2017.2.27

前回からの続きになります。
今回は実際に釣りをするシーンを考えてみましょう。
まずはターゲットです。
極端な話をすれば、ショアジギングにおけるターゲットは、射程範囲に入るフィッシュイーターすべてとも言えるのですが、ここでは回遊魚を中心に話をしていこうと思います。

回遊魚にはブリやカンパチ、ヒラマサといった青物を代表する魚以外にも、サバやソウダガツオといった身近な魚も含まれます。
時期によって狙うことができる魚種やサイズは変わりますが、いずれの魚も概ね春~晩秋くらいまでが釣期となります。

 これらのターゲットの多くは、一般的には外洋向きで潮通しの良いエリアを回遊することが多いです。しばしば餌を追って、シャローエリアや大河川の河口部に入ってくることもありますが、それはかなり限られた条件がそろった場合ですので、まずは外洋に面したサーフや堤防を探してみてください。
水深はできるだけ深いほうが、ベイトなどの要因にそれほど左右されることなく回遊が見られる傾向にあります。
回遊魚の存在を把握するためにナブラを探すことはとても有効な手段ですが、水深のあるエリアであればナブラが起きていなくても、中層やボトム近くに回遊してくる可能性が高くなります。
どちらかというと魚の通り道を狙うイメージです。

ちなみに初めてのフィールドでは、波の崩れ方を見てそのポイントが浅いのか深いのかをある程度判断できます。
波頭が白く崩れる箇所が、沖にある場合はそのフィールドは浅いことが多いです。
逆に足下で波が崩れるところは急深な場所の特徴です。
これは波が砕ける原因の1つに、カケ上がりの存在があるためです。
「遠くで波が砕ける=カケ上がりが遠い=遠浅」となるわけです

 

170227_photo1.jpg

このように沖で波が砕けることは、そこが遠浅であることを表している。とはいえベイトが周辺に存在する場合は、それを追って回遊魚が入っている可能性がある。浅いところに姿を見せる回遊魚は、多くが餌となる小魚を追い込んでいるため、高活性の個体を相手にする前提でゲームを進めることが多くなります。

 

170227_photo2.jpg

このような砕け方をするのは急深な場合が多いです。回遊の目印となるナブラがなくても、水中を回遊している可能性があるため、各レンジを探ってみる価値があります。一度アタッたレンジにはまだ魚が回遊することがあるので、自分がどのレンジで釣りをしているか把握しながらゲームを進めるのが数を伸ばすコツです。

 

どの水深をもって浅いか、深いかを区別することは難しいですが、とてもザックリ言うと30g~40gのジグが着水からフリーフォール(テンションを掛けずにジグを落とすこと)で3秒以内に着底するくらい(概ね2~3m)だとかなり浅いポイントです。

できればそれより深いエリアが望ましいです。
ただし、あまりにも深すぎる場所、たとえば着底まで30秒以上かかるようなフィールドは、魚は回遊するのですが、潮流によって着底を感じにくくなる場合があります。
また魚とのファイト中にラインがカケ上がりに擦れることがあるなど、やや慣れを必要とすることがあります。

ある程度のエリアが決まったら、ベイトの有無や潮目の状況を見てポイントを絞り込みます。
ベイトの存在を確認するにはナブラが一番の目印になります。
ただしナブラがなくても、水面に周囲と異なる波紋やザワザワ騒ぐ様子が見られる場合、もしくは上空に鳥が旋回しているような状況は、ベイトがそこに居ることを示していることが多いものです。

 

170227_illust1.pngのサムネール画像
170227_photo3.jpg

潮目も回遊魚狙いでポイントを絞り込む際のヒントになります。
潮目は異なる流れの潮が接する場所に発生することが多いのですが、そこには様々な漂流物とともに、プランクトンも集められます。
するとそれを補食するベイトが溜まり、結果としてフィッシュイーターが着きやすくなるのです。
また、釣りをする際には、潮目を水中のストラクチャーとして捉えることもあります。
特に目立ったベイトが居なくても、潮目の前後でヒットが得られることが多くあります。
なお、潮目は時間とともに変化していくのが一般的です。
左右もしくは前後に動く潮目が、近づいた時がチャンスです。

 

170227_photo4.jpgヒラマサ:比較的暖流が効くエリアに生息。力強いファイトに魅了されるアングラーも多い。高い運動能力や優れた視力からか、一般には見切られないようなジグのアクションが必要になる。ヒット後は周囲の根や障害物に沿って泳ぐので、ランディングまでの過程もスリリング。

 

170227_photo5.jpgカンパチこちらも暖流の効くエリアに生息。当歳魚は関東地方のフィールドでも狙うことができる。大型個体が狙えるエリアはある程度限定されるが、ヒット直後から底に向かって泳ぐ力強いファイトを見せる。イレギュラーなアクションからフォールアクションまで、幅広いジグのアクションに反応する。


170227_photo6.jpg

ブリヒラマサやカンパチに比べると低水温域まで回遊が見られる。イナダ・ハマチサイズは各地の沿岸で狙うことができるため、全国区で人気の高い魚の1つ。多彩なジグのアクションに反応することもあり、ライトショアジギングのベースをマスターするには格好のターゲットともいえる。

 

170227_photo7.jpg

サバ身近なフィールドでライトショアジギングを楽しむのにもってこいのターゲットの1つ。マサバ、ゴマサバといるが、いずれもフォールへの反応が良いなどの特徴を持つ。関東圏では早春から回遊が始まり、晩秋まで姿を見ることができる魚。40cmアップともなればファイトも力強い。

 

170227_photo8.jpg

シイラ黒潮に乗って回遊する。多くは80cm以下のペンペンと呼ばれるサイズがメーンだが、時には身近なサーフでもメーターオーバーが姿を見せることもある。中層より上のレンジを回遊することが多く、水面を滑走するジグにも果敢にアタックするうえ、ヒット後は派手なジャンプを繰り返すファイトを見せる。

 

170227_photo9.jpg

サワラショアジギングでは主にサゴシと呼ばれる60cm以下がメーンサイズ。ゲーム中に鋭い歯でラインを切っていくのはだいたいこの魚だ。太平洋側のフィールドではやや西側に多いが、日本海側では比較的広範囲で狙うことができるターゲット。

 

代表的なターゲットはこちらです。

地域によって姿を見ることができる魚種は異なりますが、多くの場合は1つのフィールドで数種類のターゲットを同時に狙うことが可能です。
魚種によって効果的なジグのアクションが異なることや、泳層が違うことなど、実釣から見えてくることは非常に多いものです。
1つのターゲットに精通するのもいいですし、多彩なターゲットを釣り分けることも楽しいものです。
ライトショアジギングの魅力はこんなところにもあるのです。

2017/02/21
ショアジギングを始めてみよう VOL.1/2017.2.21

今回は、これからショアジギングを始めてみたい!というアングラーに向けて、タックルの選び方や基本的なアクションの方法などを説明していきます。
“ショアジギング”と聞くと、どうしても身構えてしまいがちですが、実際はとても気軽にトライできる釣りの1つです。
季節によっては意外なほど身近なフィールドで青物の豪快なファイトを味わうことができたり、様々なターゲットを狙うことができたりする魅力的な釣り、それがショアジギングなのです。

 

170220_illust1c.png

まずはショアジギングのジャンルについての話からはじめましょう。

 


ショアジギングとは陸からジグを投げて釣るゲームの総称です。

上記のイラストをご覧ください。
あくまでも便宜的なものではありますが、ショアジギングはこのように分類することができます。
初めてショアジギングをやってみようという方には、この中のライトショアジギングから始めてみることをおすすめします。
目安としては、使用するPEラインが2号以内で、ジグのウエイトが20g~60gというのがこのライトショアジギングです。
使用するジグが20g未満になると、さらに繊細なスーパーライトショアジギングにカテゴライズされることが多くなります。
ちなみに当ブログでもたびたび登場する“ショアスロー”も大きくはショアジギングの1つですが、今回はあえて別の釣りとして分けています。

さて、ライトショアジギングがおすすめの理由は、最大でも60g、最も出番の多いウエイトが30~40gということから、それほど体力を必要としない点が1つ。
さらに専用タックルを持っていなくても、シーバスやエギングなど、ショアからのゲームをやったことがあるアングラーなら、手持ちのタックルでトライできる点が挙げられます。
加えてこれから様々なスタイルのショアジギにトライしようとする際にも、この釣りがショアジギングの基礎の多くを網羅していることも、おすすめする理由の1つです。

 

 

170220_sfgs_103h+.jpg

タックルは使用するジグのウエイトに合わせてセレクトするようにします。
ロッドは20~60gのジグがキャストできるパワーを持ち、9ft.後半から10ft.前半の長さを備えるものが使いやすいでしょう。
ショアガンエボルブのラインアップの中で、このルアーウエイトに適したパワーを持つモデルはSFSGS-103H+となります。(ちょっと体力的にキツく感じられる方は、キャストできるジグのウエイトが下がりますが、SFSGS-96MHがフィットします)。

リールは使用するPEラインが200m以上巻けるものがよいでしょう。
なおPEラインは太いほど魚を掛けた時の安心感は高くなりますが、太いラインはジグをキャストした際に飛距離がでなかったり、ジグの繊細なアクションを邪魔したりする要素にもなるので、必要以上に太いラインのセレクトはおすすめしません。
足場の良いサーフや堤防などから始める場合は1号~2号の範囲から選んでみてください。PE1.5号であれば比較的幅広いフィールドに対応することができます。

PEラインの先にはリーダーを結びます。引っ張りに対して伸びが少なく、耐摩耗性の高いフロロカーボンと、やや伸びやすいものの、安定した結束が可能なナイロンの2種類のリーダーから選ぶのが一般的です。
それぞれ一長一短があるため、「これっ」ということはできませんが、自身のスタイルや好みにあったものを見つけていけば良いと思います。
フロロカーボンはジグをキビキビとアクションさせたり、障害物の多いフィールドで多少擦っても安心できる利点がある反面、この伸びの少なさがバラしを誘発したり、やや硬めの素材であるが故にキャスト時にトラブルが起こりやすくなったりします。
ナイロンはこの逆で、魚がかかってからはリーダー部分がショックを吸収してくれるので、バラしは減る傾向にあります。
キャスト時にラインがガイドに絡まるといったトラブルも、ナイロンの方が少ないです。まずはナイロンリーダーから入り、釣りをしていく中でフロロカーボンリーダーも使ってみて、それぞれの利点を引き出せるようになるといいでしょう。
リーダーの長さは、サーフなど障害物が少ないフィールドで釣りをする際には、両手をいっぱいに広げた長さ(ヒトヒロ)でOKです。
ジグをキャストする時にPEラインとリーダーの結び目がガイドの中に入らないくらいが目安です。

 

170220_illust2c.png

 

リーダーの先にジグを取り付けるのですが、その接続には「スナップ」を使っても「ソリッドリング+スプリットリング」を使っても、どちらでも構いません。
手返しの早さではスナップが、ジグのナチュラルなアクションとトラブルの少なさはソリッド+スプリットリングが有利になります。

170220_2.jpg
170220_3.jpg

さて、いよいよジグのセレクトになるのですが、ジグは重心の位置やシェイプの違いなどによって多彩なモデルが存在します。
重心位置はおおまかには前・中・後となり、シェイプは細身・太めとなります。
まずはジグをローテーションするにあたって、自身にとっての軸となるモデルを決めましょう。
私は細身のシェイプで、真ん中にウエイトバランスを持ったブギーウォークスメルトを軸にしています。
細身なためロッドワークに対するジグの反応が速く、機敏なアクションを発揮します。
またセンターバランスならではの安定したフォールアクションが引き出せるため、様々なアクションをこなすことができるのが理由です。
このスメルトに加えて、太めのシェイプで、やや後ろ寄りにウエイトバランスを持つダックスとのローテーションが私にとってのライトショアジギングの核となります。
なお、ダックスは逆風下でも安定して飛距離が出せ、潮の速いエリアでもボトムを取りやすいのが特徴です。
アクションもリトリーブだけで派手な尻振りを発揮するなど、スメルトにはないスペックを備えています。

bw_smelt_dax.jpg

 

 

この2種類のジグはパッケージの状態で、フロントにはアシストフックが、リアにはトリプルフックが取り付けてあります。
もちろんそのまま使ってもOKですし、対象魚によってフックパターンを変えてもOKです。
私はブリをはじめとした青物狙いの際にはフロントフック1本。
タチウオやサワラなど歯の鋭いターゲットを狙う場合にはトリプルフックとの2本セットとすることが多いです。

 

170220_illust3c.png


タックルの概要については以上です。
次回はいよいよ実釣編となります。

 

 

アングラーズリパブリック
アングラーズリパブリック

〒254-0911 神奈川県平塚市山下818-1
Tel.0463-26-5151 | Fax.0463-26-5155
http://www.palms.co.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中