THE KEEP CAST ザ キープキャスト

レジットデザイン

レジットデザイン

"レジット" それは本物だけが許される世界。

ライバル同士だった二人が後年仲間となって共に戦う、という物語はよくあるが、レジットデザインを立ち上げた飯高・鬼形の二人はもともと異なる企業でバスロッド開発に携わる”ライバル”のような関係だった。

飯高は、外資系メーカーでロッドの生産・開発に携わり、海外生産工場と密にやり取りしながらグローバルベースでのロッド開発に勤しんだ。これまでに手掛けたロッドはスタンダードモデルからハイエンドモデルに至るまで数知れず、その幅広い知識と経験を生かし、レジットデザインの代表として指揮をとる。

一方、鬼形は国内メーカーでハイエンドモデルのデザイン・開発に携わり、自らトーナメンターとして現場に身を置くことで、バスロッドのあるべき姿を自身の経験をもとに構築してきた。開発者であると同時に現場感覚を重視してきたアングラーだからこそ知る”作り手の理想”と”釣り人の理想”とのギャップ。ふたつの理想をすり合わせながら、素材選定から価格設定に至るまでをベストな形に落とし込むのがレジットデザインにおける彼の役割だ。

広い視野でロッド開発を俯瞰する飯高と、常に現場感覚を意識する鬼形。長い年月をかけて切磋琢磨してきた二人の技術と情熱が、LEGIT DESIGNの名のもとに一つとなった。Legit = 本物 という名に込められた思想がどのような輪郭をおびてプロダクトへと形を変えるのか。作り手である彼らでさえ想像し難い化学反応が、きっとバスロッドの既成概念を覆していくに違いない。

2019/01/16
VILLAGEDOOR ヴィレッジドアー
2018/12/31
2018年 大晦日のご挨拶
2018年も残すところ後数時間、ありがたいことに何とか年を越すことができそうです。 これもひとえに日頃から応援してくだる皆様のおかげです。本当にありがとうございます、心からの御礼を申し上げます。   2019年
2018/12/31
2018年 ベストゲーム
2018年のベストフィッシングは今年1匹目にして今年最大魚の60cmジャストを獲ったのこの日のゲーム。 何がベストかと言うと、全部。(←自分で言うな) その理由は以下の通り。 ? ・忙しすぎてこの日(3月下旬)まで釣りに
2018/12/31
2018年を振り返る③ 西日本ブロックチャンピオンシップ優勝の決め手はやはりあの2本のワイルドサイド!!
  皆さんこんにちは!フィールドテスターの西堂です。前回に引き続き「2018年シーズンを振り返る」シリーズ第3回。今回は予告通り11月25日に遠賀川で開催された西日本ブロックチャンピオンシップの模様と活躍してく
2018/12/30
Y2018 My Best Rod ~ WSC610H
2018年も終わりますが、今年、鬼形的に最も活躍?というよりも使ってて気持ち良かったなぁ~というロッドをご紹介しましょう。 WSC610H 硬くて強くて、粘り強くて、ちょうどいい長さ。 2018年に最も気持ちいい釣りを堪

レジットデザイン
レジットデザイン

〒231-0034 神奈川県川崎市高津区上作延146-1
http://legitdesign.co.jp/

このメーカーに関連のあるスタッフブログ記事

更新中